カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 切迫早産で入院…③
妊娠後期(8ヵ月以降)

[31w]切迫早産で入院…③ [妊娠・出産の体験談]

3960人に読まれました
2015-10-23 14:49
入院2日目の昼ごろ、それまでいた病室から4人部屋へと移されました。
室内はそれぞれのベットがカーテンで仕切られており、半個室状態。
カーテンは常に閉められているので、同室の方と顔を合わせる機会はほとんどありません。
備え付けのモニターでTVやネットができます。
TVを観る際はイヤホンが必要なので、同室の方に迷惑をかける心配もないです。

同室の3人の方は私と同じ切迫早産で入院している方で、随分と長い間おられる人もいました。
初産なのはどうやら私だけ。
他の方は経産婦さんで、上のお子さんの時も切迫早産と診断されていた方ばかりでした。

ここで、私の入院生活のスケジュールを説明します。
7:00 起床
7:15 朝食
8:00〜 内診・体温、血圧測定
9:00〜 自由
12:00 昼食
13:00〜 自由
18:00 夕食
17:00〜 自由
21:00 消灯
時間は前後しますが、だいたいこんな感じでした。

内診の後は看護師さんが回診で各部屋を回ってくるので、体温と血圧測定を行います。
回診の後、または昼食後にモニターと呼ばれる機械の先をお腹に付け、張り具合と赤ちゃんの様子を約1時間ほど記録します。イメージ的には、心電図のようなものだと思ってください。
これを毎朝行いますが、体重測定と尿検査は週1回でした。

基本的に自由時間が多く、何をしていても自由です。
面会は11:00〜20:00までで子供は病室に入れませんが、休憩スペースでなら子連れでも面会OKでした。

自由時間はあっても、病院内を歩き回ったり外に出たりすることはできないので、テレビを見たり携帯を触ったり、携帯ゲーム機で遊んだりと、とても退屈です。
外に出られないのでどんどんストレスが溜まっていき、気分も落ち込んで情緒不安定になります。
私は主人がせっせと面会に来てくれたおかげで話し相手がいる分マシでしたが、やはり退屈ですしホームシックにもなりました。
やはり、家にいるのが一番落ち着きます。
0

妊娠31w前後の体験談

上へもどる