カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 子どもとドキドキの結婚式、こんなに大変だとは…
おでかけ

[3歳]子どもとドキドキの結婚式、こんなに大変だとは… [育児の体験談]

467人に読まれました
2015-10-25 14:18
息子が3歳2か月の時に元同僚から結婚式に招待され、子連れでもいいからぜひ出席してほしいということで息子と2人で出席しました。

式場は自宅から約2時間半ほどの場所で電車を2回乗り換えて行かなければいけず、公共機関を利用するので周りにうるさくしてしまって迷惑がかからないよう本当に神経を使いました。

以前、電車での移動中に走り回って困った経験からこの日のためにいくつか子どもの気を引くであろうグッズを準備していました。シールブックと電車の絵本と飴玉です。これは前から遊んでいたものよりも初めて遊ぶものの方が飽きずに遊んでくれるのでくれぐれも当日までは絶対に見つからないようにしまっておきました。値段が高くなくても100均でもいいんです。何か遊べる新しいアイテムは必須だと感じます。うちの息子も静かに到着時まで遊んでくれました。

息子の服装ですが、自宅近くの貸衣装屋さんで1万以下で揃えました。ちっちゃくても立派なゲストです。身だしなみにはしっかり気を使いました。もちろん家からずっと着て行けるはずもなく衣装は持参で式場でお部屋を借りてそこで親子ともども着替えました。他の出席者より1時間は早い会場入りとなりました。

ここまでは予想通りというか私の描いたシナリオ通り事が進んだのですが、ここからが本当に大変でした。

普段から比較的おとなしい息子なのですが、挙式が始まるとその雰囲気で興奮しておしゃべりが止まりませんでした。
「あのお姉ちゃん何してんの~?」
「まだ~?」
と大きく響く息子の声に感動する暇もなくただただ息子を黙らせることに必死でした。

披露宴では食事があったので静かにすることができました。周りの出席者の方もいい方ばかりで色々とサポートしてくれたのでなんとか無事に座っていられることができました。本当にありがたかったです。でも、その時の細かいことは息子にかかりっきりであまり覚えてないのが悲しいところです。

そしてこの日の最難関は帰りの電車でした。
息子はあろうことか最初の電車で寝たのです。抱っこひもベビーカーも持ち合わせていなかった私は引き出物やらすべての荷物と息子を抱えて帰ったのでした。
後にすごい疲れと肩こりが残りました。子連れ結婚式は本当に大変です。

みんなへメッセージやアドバイス

子連れでの結婚式はどんなに準備してもその場の雰囲気に興奮して子どもは騒いでしまいます。
預けられたら一番いいけど、できなければ招待してくれた方にドア側の席をお願いするか挙式は場合によっては出席は控えた方がいいかもです。
最後に引き出物が重かったら自宅に郵送しちゃいましょう。
3

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる