カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 我が家の寝かしつけ方法
睡眠(ねんね)

[1歳1ヶ月]我が家の寝かしつけ方法 [育児の体験談]

573人に読まれました
2015-10-25 10:13
まだ子供が小さいと、眠くて眠くてたまらないのに、うまく眠ることができなくて、ぎゃあぎゃあ泣く、ということってよくありますよね。
そんなときは、ママの方もイライラしてしまいます。
我が家の娘も今まさにその真っ最中。
眠いのに眠れず、ぐずること約1時間・・・なんてことはよくあります。

そんなときの我が家の寝かしつけ方法は「綿棒で耳をこちょこちょ」です。

それぞれの赤ちゃんに眠くなってきたサインはあると思いますが、娘の場合は、まず抱っこをせがみます。
そして、抱っこしている私に、あっちいけ、こっちいけ、と意思表示していろんなところに行きます。
冷蔵庫を開けてみたり、触られないように上に置いてあるものを引っ張り出したり、落としてみたり・・・。少しでも気に入らないことがあると、すぐ「ぎゃー!!」と泣きます。
「あ~眠くなってきたな。」と思うと、寝かせようとゆらゆらしてみたり、いろいろしてみるのですが、すぐ寝るときと、うまく寝られないときがあります。
「これは時間かかりそうだな」と思ったときに、抱っこしながら綿棒で耳をこちょこちょします。
するとまず、気持ちいいのか、泣き止みます。
耳掃除するときみたいに奥までやってしまうと、その刺激で起きるときもあるので、耳の穴の入り口あたりをこちょこちょします。
そうしているうちに、3分くらいで目を閉じます。
ウトウトしはじめたら、綿棒が耳にぐっと入ってしまうと危ないので、こちょこちょは止めて
抱っこして寝かせます。

ぐずる時間が減ると、自分の時間も増えてイライラもなくなって、また子育てがんばろう!という気持ちになれます。

みんなへメッセージやアドバイス

たまたま、耳掃除をしていたらウトウトしはじめたのがきっかけです。
個人差があるので効果があるかはわかりませんが、寝かしつけに悩んでいるママさんがいたら
試してみてくださいね!
2

睡眠(ねんね)の人気体験談ランキング

上へもどる