カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. いろんな工夫で乗り切る、子供との長距離移動!
おでかけ

[3歳]いろんな工夫で乗り切る、子供との長距離移動! [育児の体験談]

315人に読まれました
2015-10-25 13:14
現在住んでいる場所から私の実家まで、車で約10時間、飛行機だと、羽田まで車で2時間、そこから飛行機で1時間半・・・。
とにかく、帰省は大変です。
しかし、孫の帰省を楽しみにしているおじいちゃん、おばあちゃんのために、さらに自分自身の息抜きもかねて、夏には必ず帰省しています。
そんなとき、一番大変なのは子供たちです。
飛行機だと、1時間半で短いのですが、公共の乗り物です。ほかの方の迷惑を考えると、なるべく静かに1時間半を過ごさなければなりません。
我が家は、6歳、3歳の男の子2人に、1歳になったばかりの女の子です。
長男は、好きなポケモンや仮面ライダーの本とおやつがあれば、静かに過ごせます。
次男は、おやつと飛行機の中でもらえるおもちゃで、なんとか乗り切れます。
問題は1歳の長女。おもちゃにはすぐ飽きるし、こちらの言うことも聞いてはくれません。
動きたい時期だし、機内中をハイハイしたり、つかまり立ちで歩き回ったこともあります・・・。
そのときは、ほかのお客さんも少なく、CAさんたちが遊び相手になってくれて助かりました。
あとは、気圧で耳が変な感じになることに驚いた次男が「痛い~!痛い~!」と泣き叫んだことがあります。
離陸、着陸前後は、飴や飲み物を早めに口に入れておくことをおすすめします。

車移動の場合は、DVDを車で見せるようにしていますが、さすがにずっと見ていては飽きます。
あらかじめ、広いサービスエリアを調べておいて、子供を遊ばせてストレス発散させます。
ずっと車だと、子供も飽きてきてイライラし、そんな子供に親もイライラしてしまいがちです。あちこちのサービスエリアで休憩すると、大人だけだと8時間で着くところも、結局は10~12時間かかってしまいますが、みんなで楽しく移動するには仕方ないかな、と思います。

みんなへメッセージやアドバイス

長い時間の移動は、子供がぐずったり、急におしっこと言い出したり、なかなか大人の予定通りには進みませんよね。
イライラすることなく、せっかくの旅行や帰省を楽しみたいものです!
0

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる