カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 食事内容で血液成分が変化する?母乳をいっぱい出すのに大切なのは水分!
授乳

[0歳3ヶ月]食事内容で血液成分が変化する?母乳をいっぱい出すのに大切なのは水分! [育児の体験談]

7980人に読まれました
2016-02-04 15:37
母乳はお母さんの血液から作られています。そのためお母さんの食事の内容によって血液成分が変化すると、それにともなって濃くなったり薄くなったり、量も変化します。

「母乳がよく出るようになる食事」というのはたくさんのお母さんたちが気になることですよね。私もたくさん母乳を出したくて雑誌を読んだり、ネット検索をよくしました。

ここでは母乳がよく出るようになった食材や料理などを、個人的な体験を元にお話したいと思います。

  • 温かい汁物、飲み物などをよく摂ると母乳が出やすくなる

    やはり母乳の成分のほとんどは水分ですので、とにかく水分をよく摂るように心がけました。授乳が終わると喉もからからに渇きますしね。

    授乳中は日中も夜間もペットボトルが手放せませんでした。

    また、母乳マッサージに行ったところ、温かく蒸したタオルを胸に当てて行うのを見て、「なるべくなら温かい飲み物を飲んだほうがいいのかな」と思い、余裕があるときは温かいコーヒーや紅茶(ノンカフェインのもの)を淹れて飲むようにしました。

    リラックス効果もあってよかったと思います。

    また乳児がいると食事の支度が大変ですよね。
    そこで食事の支度を手抜きするために具沢山のお味噌汁を大量に作っておき、ご飯とお味噌汁を食べるだけでもそれなりに栄養が摂れるようにしておきました。

    水分も摂れるので、母乳の出がよくなった気がしました。

    個人的におすすめの味噌汁メニューは「豚汁」です。たんぱく質と野菜の繊維が同時に摂れますからね。

    基本的には冷蔵庫にある野菜+たんぱく質(肉、魚、卵など)を組み合わせたものをよく作っていました。

みんなへメッセージやアドバイス

私は子供が秋生まれだったので、授乳期間は秋、冬、春がメインだったので温かい飲み物がおいしい季節でしたが、子育てが忙しいときは水道水をコップに入れてすぐ飲み干す、ということもよくやっていました。母乳を出すにはこまめな水分補給が大切だと思います。
3

上へもどる