カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 授乳の仕方、いろいろ
授乳

[0歳0ヶ月]授乳の仕方、いろいろ [育児の体験談]

8767人に読まれました
2015-10-26 18:13
私は、現在2歳になる息子を完全母乳で育てました。
出産直後は、ものすごい勢いで母乳が私の体内で作られて胸がパンパンに
張っていましたが、開通している乳腺の出口が少なくなかなかスムーズには
出てきませんでした。

未開通の乳腺を開通させるには、赤ちゃんにたくさん飲んでもらうことが第一条件!
ということで、必死で授乳をしていました。
ただ授乳をすると言っても、赤ちゃんの咥える角度によって母乳の出口が
違ってくるのでいろいろな飲ませ方を試しました。

■横抱き
一番オーソドックスな授乳スタイルです。
ママの正面に赤ちゃんを横にして、飲ませる方法です。
授乳クッションを使い、その上に赤ちゃんを寝かせるとちょうど良い位置でした。

■脇抱き(ラグビー抱き)
ママの真横に赤ちゃんを寝かせて、脇から授乳するスタイルです。
私はよく、脇側の胸の乳腺がコリコリに詰まることがあったのでこの方法で
授乳をするとそのコリコリになった詰まりが和らぎました。

■縦抱き
ママの膝の上に赤ちゃんを座らせて、首と背中を持ってあげて授乳するスタイルです。
赤ちゃんが小さい場合、このスタイルがしっくりくるかもしれません。
私の場合、最初はうまく出来ていましたが赤ちゃんが成長してくると身長が
私の膝から乳首までの距離と合わなくなることと、何十分も首を支えてあげる
態勢がキツくなってきました。

それぞれ、咥える角度が違うので放射状に張り巡らされた乳腺を余すことなく
刺激され授乳できていたはずです!
ただ、どれも共通するのは乳首に対して赤ちゃんの口をまっすぐ咥えさせることが
重要なのです。
曲がった角度だと、乳腺を潰してしまって詰まりの原因になってしまうのです!
そして、乳首全体をしっかりと咥えさせることも重要です。

みんなへメッセージやアドバイス

おっぱいが詰まってから授乳スタイルをいろいろ試すより、普段からいろいろな
授乳スタイルを試してみて予め詰り対策をしておくと楽だと思います。
私は、主に横抱きをしていましたが一日に1,2回だけでも違った抱き方で授乳を
していただけで、乳腺炎などの大きなトラブルは避けられたと思います。

助産師さんからのアドバイスで、赤ちゃんを布団に寝かせてママがその上から
覆いかぶさって飲ませるのもひとつの手段だと聞きました。
興味のある方は是非、やってみてください★
0

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる