カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 初めての離乳食の思い出
離乳食

[0歳5ヶ月]初めての離乳食の思い出 [育児の体験談]

308人に読まれました
2015-10-27 15:54
初めての離乳食、母子手帳などには「5~6ヶ月頃からの開始」と書いてはあります。
しかし第一子である息子は生まれたときから成長曲線を下回って成長していて、どうも母乳の量が十分かどうか心配だった私は、5ヶ月になってからすぐに離乳食を開始しました。

早く母乳やミルク以外の固形物を摂取できるようになれば、成長もよくなるのではないかなと考えたからです。

お鍋で10倍かゆ(お米1:水10を鍋に入れて、沸騰したら50分ほど煮る)を作り、それをすり鉢でつぶして我が子に与えてみました。

初めての母乳(ミルク)以外の食べ物に、最初は口を開けることすらせず警戒する息子……
「まあ最初はこんなものか」と思い、鍋のおかゆを小分けに冷凍して、次の日も試すことに。

2日目、ようやく唇を開いてくれたのでスプーンでかゆをそっと口の中へ。
食事というよりは流し込むという感じでしたし、息子もだいぶおかゆを口の両端から出してしまいました。

最初はスプーンになれることが目的で、栄養摂取は二の次なんですが、なんせ初めての離乳食。「これでいいのかな……」と不安になったことを覚えています。

それでも毎日続けていくうちに、おかゆを飲み込めるようになり、生後6ヶ月の頃には野菜をゆでてすりつぶしたものも飲み込めるようになりました。

ただ、離乳食の本に「6ヶ月から」と書いてあったヨーグルトのメニューで下痢をさせてしまったりしたので、「結構加減が難しいな」と悩んだりしたものです。

離乳食のメニューにはよく「○ヶ月」と書いてありますが、アレルギーが多い食材(卵、牛乳、小麦)は本の通りではなく、慎重に子供の様子を見て、場合によっては遅らせてもいいような気がしています。

みんなへメッセージやアドバイス

次男のときは卵アレルギーの疑い(卵を食べた後に授乳すると湿疹が出た)があったので、離乳食開始を6ヶ月半ぐらいにして食材に気をつけて慎重に進めました。食材の与え方で心配なことがあれば遠慮なくかかりつけの医師に相談してみましょう。
1

上へもどる