カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 初めての母子同室と母乳育児の辛さ
授乳

[0歳0ヶ月]初めての母子同室と母乳育児の辛さ [育児の体験談]

1217人に読まれました
2015-10-27 16:23
私の母方の家系は代々母乳が出ないらしく、私も一切期待しておらず、出産前はミルクの大きい缶や哺乳瓶を大量に用意していました。
帝王切開後3日で母乳が滲んできてびっくり!息子自身のおっぱいの吸い方がとっても上手で、産後すぐにはでないのにぐいぐい吸いついてくれたおかげでぷしゃーっとシャワー状にでました。
私は左の乳首が小さくてニップルを使いました。
産後5日目には一回で30ml以上もでるようになりおっぱいはかちかち、38℃くらいの熱が出て、いきなりの下痢に見舞われ苦しみました…

産後5日目で母子同室になりましたが、周りが初産婦さんたちのみで赤ちゃんの泣き声、痛みに耐えて苦しむ女の人の声、いきむ声(?)当時の体感ではまるで野戦病院のようでした。
今思えばほほえましいことのオンパレードだとは思いますが(笑)
そんなこんなで始まった母子同室は緊張のあまりほとんど眠れない日々が続き、それは退院するまで続いたのでした。
  • こんなに痛いなんて聞いてないよ…

    無事退院!今日からお家で育てていくぞ!
    私たち夫婦は義両親、両親とも毒親家庭なのでどちらの理解も得られずに里帰りはなしでした。
    それでも旦那がせっせとかいがいしく私のフォローをしてくれたためにここまでやってこられましたが。

    最初のうちは新生児なので頻回授乳になってしまうことが多く、吸われるとものすごく痛い!
    どんな痛みかと言うとまるでカミソリの刃をあてられているかのような鋭く耐えられないような痛み。
    痛いのに、赤ちゃんにとってこれはごはんなので与えなければならない。しかも母乳はミルクにくらべて吸収が早いらしく(実際にそう感じました)痛くても死ぬ思いで与えていました。

    ある日シャワーを浴びているとびっくり!なんと乳首が真っ白に!
    なんと、吸われ過ぎで皮がむけ血が滲み、真っ白びりびりになっていたのです。
    月刊育児雑誌には、母乳育児が神聖視されているだけで、こんなに激痛だとは書かれていなかったじゃないか!と毎日泣きながら過ごしていました。
    ちくしょう絶対に母乳育児続けてやるからな…と謎の闘争心に燃え、馬油やランシノーなど駆使してとにかく吸わせました。
    色々なものを調べましたが、抱き方や吸わせ方はあっているようだったのでとにかく耐えるしかないと思いました。
    もう痛くて痛くてもう寝たい!という時はミルクを使いましたが、どんどん活用して乳首を治しつつ飲ませた方が負担なく母乳を吸わせられると思います。
    第一子だったので頑張ってみましたが、もう頑張りたくないので二度とあんな痛みは嫌です。(涙)

    最近はミルクの方が栄養豊富だっていうし、あんな痛みを我慢して根性で母乳育児をするくらいならミルクにしようと誓いました。

みんなへメッセージやアドバイス

そろそろ卒乳しようとしていますが、正直、母乳育児をあんなに神聖視する意味がわからないです。
もっと大きな文字で「母乳育児は激痛!乳腺炎も母親の食事なんか全く関係ないし体質だからあんたの気合いしだい!」とかって書いておいて欲しかったです。(笑)

気を悪くされる方がいたらすみません。
母乳ってでればいいってモノじゃありませんでした…
怖がらせるつもりはありませんが、どうかみなさま無理をなさらないように頑張りましょうね
0

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる