カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. ある日の児童館での会話。ゆるーくでいいよね、離乳食。
離乳食

[1歳1ヶ月]ある日の児童館での会話。ゆるーくでいいよね、離乳食。 [育児の体験談]

400人に読まれました
2015-10-27 21:02
秋晴れが続きますが、風が強い日は外遊びをやめて室内遊びをしています。

でも狭い我が家では娘が一日中のびのびと遊べないので、近くの児童館に行きます。無料だし、朝9時から夜9時まで開いています!うちにはない、大きいソフトブロックや滑り台もあるし!

その日はうちも含めて1歳前後の子が3人遊びに来てました。

ママ同士はお互いの子が遊ぶ様子を見てワイワイと話が弾みました。(初対面なのに同じ月齢ぐらいの子どもを持っているだけで話が盛り上がるって素敵ですね!)

いろんな話をしているうちに、離乳食の話題になりました。

「3回食になると時間をキッチリ決めてたらお出かけなんてできないよねぇ。」

「ねー。お昼12時に食べさせて、夜は18時までにって言うけど…。」

「私はもう前後1時間のずれはいいやって思ってるよー。たま子どもが寝ちゃってお昼食べなかったり、時間がかなりずれたり。」

「うんうん。何時に絶対あげなきゃ!って思うとストレス。イライラして子どもにごはんあげるぐらいなら、まぁいっかって思ってラクに過ごしたい〜。」

とまぁ、離乳食をあげるタイミングについてはこんな感じの意見が出ました。

あと、なるべく家族みんなで食べるようにしましょうってのもよく聞きますが、ご主人の帰宅に合わせてると19時になるから夜の離乳食は19時にあげることにしてるという方も。

そりゃそうなりますよね。お仕事されてるママさんなんて、18時に離乳食あげるなんて不可能ですもんね。

あとは、ベビーフードに頼りまくっても気にしない!とか、離乳食教室で教えてもらうレシピやレシピ本に載ってるやつなんて毎回毎回作ってられないよねーなんて話も。

離乳食そして幼児食なんて毎日のことなのでちょっとしたことがすごいストレスに感じました。「朝は完食したのになんでお昼は食べないの?!せっかく作ったのに…」なんてこと、食べムラ期の頃なんて毎日思ってはイライラ。イライラしてはがんばって作ったことが虚しくなって「こんな気持ちになるためにごはん作ってるわけじゃないのに」と落ち込んで…。

ママがストレスにならない程度にがんばればいいし、まぁいっかってあっさり割り切れる程度に手を抜けばいい。

そんな結論に至り、そのママさんたちと解散したお出かけでした。

ちなみに、うちは今日は写真の通り、完食してくれました!「今日は」ですが(笑)

みんなへメッセージやアドバイス

離乳食についてはいろんなやり方がありますよね。ベビーフードに頼らず素材にもこだわり全て手作りすることにやりがいを感じ、納得がいくママさんはそれで素敵だと思います。反対に、ベビーフードにも頼りながら適度に手抜きしないと無理!ってママさんも全然オッケーだと思います。
それぞれのママさんが気楽にこれでいいって思えるやり方でいいと思います。あまり周りと比べてしまうとしんどくなりますしね…。
2

上へもどる