カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 食べづわり~吐きづわりよりはマシ~
つわり(悪阻)

[5w]食べづわり~吐きづわりよりはマシ~ [妊娠・出産の体験談]

1191人に読まれました
2015-10-28 15:19
妊娠が発覚するとまず大半の人に訪れる「つわり」。

皆さんは何づわりでしたか?

私は「食べづわり」でした。というか、食べづわりにした?というか、なった?というか。

初めてのつわりは「吐き気」。もともとよく吐くタイプの人間なので、だいたい想像は付いていました。「やっぱり毎日吐くんかな~"(-""-)"」と考えつつ、吐くのはやっぱりしんどいので「どうしたもんかな~」と思っていました。

しばらくして、友達が遊びに来ました。もちろんつわりのことは言っていましたが、そんなこと気にするような関係ではないので「途中でトイレこもったらごめん」ぐらいは言っていましたが。

とりあえず立つと気持ち悪くなるので、出歩けません。

なので友達が家に来てくれました、ゼリーを持って。

「気持ち悪くてもちょっとは食べなあかんで~」とのこと。

始めは「どうせすぐ気持ち悪くなるのに食べるの~」という気持ちでしたが、持ってきてくれたのが柑橘系のゼリーだったので「もし無理でもゼリーならするんと出てくるさ」という話になり、初挑戦してみることにしました。

ポイントは友達の目の前で食べたこと。

つわりって不思議なことに、気持ちが張っているとマシになったりするんですよね。本人はフラフラなんですけど。やっぱり人の目とか気になるからだと思いますが。

なので「友達の目の前で吐くわけにはいかない」

という気持ちがあったのかもしれません。

柑橘系のゼリーは普段全く食べないのですが、この時はするんと喉を通り「あ、これなら食べれるかも」と思いました。実際、友達の前ではリバースしませんでした。



その経験を踏まえて、それから考え方を変え、まずは何でも食べてみよう!と思ったのです。

「もし無理だったら、体が勝手に反応して出てくるだろうし、体がいけると判断した食べ物なら食べることが出来るな」、と楽観的に考えることにしたのです。


すると、それをきっかけに食べれるようになり、逆に空腹を覚えた時には気持ち悪くなりました。

なので私は食べづわり、という事になりました。勿論全く吐かないわけじゃないし、吐き気がないわけではないけれど、吐きづわりよりはだいぶ楽だと思います、お試しあれ。
2

妊娠5w前後の体験談

上へもどる