カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 妊娠悪阻で入院…辛い日々
つわり(悪阻)

[8w]妊娠悪阻で入院…辛い日々 [妊娠・出産の体験談]

1685人に読まれました
2015-10-28 16:22


今年の春、桜が咲き始める頃
つわりが悪化して妊娠悪阻と診断され入院となりました。

実は上の子の時も入院したんです。
つわりが怖くて2人目をためらっていたくらいだったので今回も酷いのかと正直その時は心に余裕などなく、全てが嫌になっていました。

もちろん自分で決めたことだったので頑張らなきゃと思っていましたよ。

しかし体は食べることも飲むことも拒否してひたすらトイレで吐く日々でした…
ピークの時はトイレで寝ていました。


お風呂の匂いもきつくて入れず体力は衰え力も入らないし歩くことさえ困難でした。
一日中ひたすら点滴で生き延びていましたね。

テレビも食べ物が出てきて気持ち悪い、音楽を聴くのも頭が痛いのでシーンとした個室で1人ボーッとしていました。何度も泣きました。



そして何よりも職場を休職して同僚に迷惑をかけたこと、夫と上の子のご飯を作ってやることもできず家事も全然できなかったことの罪悪感と情けなさででいっぱいになりました。

もう産めないかもしれないとまで考えてしまうほど心もボロボロに…


なんとか家族や周りの方々に励まされ14wほどでピークを乗り越えることができ、少しずつ食べれるようになりました。


あの時はボロボロだった私を何ひとつ文句もなく、仕事で疲れているのに慣れない家事を不器用なりに一生懸命してくれ、上の子のお世話もしてくれた夫に本当に感謝しております。

そして寂しいのにいろいろ我慢してくれた娘にもありがとうの気持ちでいっぱいです。


家族の協力なしでは今回のつわりは乗り切れなかったですね。


私は出産より悪阻の辛さの方が大変だったように思えます。

みんなへメッセージやアドバイス


悪阻で辛い思いをされてる方々、きっと今は辛くてどうしようもないと思いますが、私も必死で耐えるのみでした…どうか頑張ってください!
3

妊娠8w前後の体験談

上へもどる