カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 赤ちゃんの恐怖の背中スイッチ!私が考えた対策方法
睡眠(ねんね)

[0歳1ヶ月]赤ちゃんの恐怖の背中スイッチ!私が考えた対策方法 [育児の体験談]

12505人に読まれました
2016-03-07 16:21
赤ちゃんには背中スイッチがあるってよく言いますよね。
どんなに良く眠っていても、お布団に寝かすと泣き出す・・・(^^;)
わたしもよく悩まされました~。

試行錯誤しながら生み出した、私なりの対策をご紹介します。
  • 背中スイッチ対策◇密着置き作戦

    新生児期のころは、ほぼミルクを飲みながら寝ることが多かったように思います。
    母乳の方はまた違うと思いますが、ミルクをあげる態勢で寝てしまっても、ゲップを出させるために一度立て向きにしないといけません。
    そこから布団におくとき、写真のように「うあーーーん!!」となるわけですね(^^;)

    そこで試したのが、密着置き作戦。
    縦抱っこした態勢で、どんどん水平に近い形になっていき、布団についたら両手をそーっと抜き、最後に胴体をはがす!
    数回成功しましたが、バレるとすぐ泣かれました('▽';)
  • 背中スイッチ対策◇あぐら作戦

    成功率が高かったのが、あぐら作戦です。
    ミルクを上げ、ゲップが済んだらあぐらで抱っこします。
    赤ちゃんが寝入ったら、数ミリずつという気分であぐらを開いていき、そのまま赤ちゃんがあぐらの間から布団に落ちていくイメージです(^皿^)

    文面で見ると危ないように思えますが、実際やってみるとすんなり寝かせられます(^^*)
    ちょっと雑な感じで可愛そうな気もしますが、起こしちゃうより良いかなぁと思ってやっていました。

みんなへメッセージやアドバイス

背中スイッチでお悩みの方、
自分と赤ちゃんのベストな寝かしつけをさぐりながら、
スイッチ卒業していけると良いですよね(^^)

抱っこするのは大変だけど、
抱っこさせてくれるのも今のうちと考えると、寝かしつけも貴重な時間ですね☆
1

睡眠(ねんね)の人気体験談ランキング

上へもどる