カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 入浴中の出来事
お風呂・スキンケア

[0歳10ヶ月]入浴中の出来事 [育児の体験談]

977人に読まれました
2015-10-28 23:28
やっと次女がつかまり立ちをするようになったころ、長女と三人で入浴していた時に起こったことを書きたいと思います。
  • ママ洗髪中に

    まだ次女が10か月くらいだったころのことです。
    パパが帰りが遅いことが多く、入浴も私が一人で二人入れるのが当たり前になっていました。
    つかまり立ちをしてくれているうちに、髪を洗ってしまおうと、シャンプーを泡立てて少しの間子供たちから目をはなしていたとき。
    一緒に入っていた長女が「ママ、ママ」とやたら呼んできました。
    「ちょっと待ってね」といいながらいつも通り急いで流して湯船を見てみると、長女の姿しか確認できませんでした。
    よく見てみると、次女はお風呂のお湯の中に沈んでいました。
  • !?

    一瞬、訳が分からず、???と思いましたが、我に返って急いで抱き上げました。
    幸い短時間だったせいか、泣いただけで何事もなくてよかったのですが、本当にびっくりしてしまって、お湯の中から見つめている次女の顔を今でも忘れません。
    本当なら二人をお風呂から出してしまってから自分の身体と髪を洗えばいいのかも知れませんが、その時期はもう冬に近くて湯冷めして風邪をひいてしまうかもしれないと思ったり、二度入浴する元気もなかったので仕方なかったです。
  • その日の夜

    もしかしたら、肺に水が入ってしまっているのではないか?
    朝起きて、呼吸していなかったらどうしよう?といろいろ考えてしまってほとんど眠れなかったのを覚えています。
    翌日からどうやってお風呂に入れたら一番安全だろうかと考えましたが結局答えは出せぬまま。
    でもそれからは今まで以上にすごく急いで髪を洗っています。
    ようやく最近になって、余裕が出てきたなぁと思うくらいです。

みんなへメッセージやアドバイス

神経質になってしまったり、考えすぎるのはよくないとわかっていても、一度ひやっとすることが起きてしまうとトラウマに近いくらい忘れられません。
どうかひやっとすることが起きませんように。
2

上へもどる