カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 妊娠中授乳中の親知らず!
トラブル

[38w]妊娠中授乳中の親知らず! [妊娠・出産の体験談]

891人に読まれました
2015-10-29 15:11
妊娠後期に奥の歯茎が腫れて痛み出しました。


虫歯になったことがなく、歯医者さんにもほとんど行ったことが無かったので歯医者さんに行くこと自体ハードルがものすごく高くてなかなか予約ができなかったのですが、
放っておいて怒られるのも嫌だし、産休中で暇だったこともあり近所の歯医者さんに行きました。


診察の結果、「上の親知らずが出てきていて、下の歯茎を噛んでしまって炎症している」との事でした。


「今すぐどうこうしなくても問題ないから、赤ちゃん産んで落ち着いたらきてね」と言われそのまま帰宅しました。

2、3日すると腫れも痛みもなくなりました。


産後3ヶ月ほど経った頃、またしても前回と同じ場所が痛み始めました。明らかに炎症を起こしています。

ずっと忘れていた
親知らずのことを思い出し、慌てて歯医者さんへ。


授乳中なのでお薬は飲めないかと思ったのですが、産院に確認したところ「ロキソニンは大丈夫」とのことだったので抜歯してもらいました。
(会陰の傷、後陣痛の痛み止めにロキソニンを処方されていました)



幸い上の親知らずでまっすぐに生えていたのであっという間に処置は終了。

息子は受付の方が見ていてくれました。

もともと歯が丈夫で歯医者知らずなので妊娠中に歯医者さんにかかるなんて思ってもいませんでした。

妊娠する予定のある方は虫歯はもちろん、親知らずも治療した方が安心ですね!

0

妊娠38w前後の体験談

上へもどる