カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. ちょっと怖い!でもしっかりしたい!赤ちゃんの爪ケア
ホームケア

[0歳1ヶ月]ちょっと怖い!でもしっかりしたい!赤ちゃんの爪ケア [育児の体験談]

202人に読まれました
2015-11-04 18:45
生後数週間、息子の爪は日に日に伸びて、
ついに自分で引っ掻いて顔には傷が出来てしまいました。
赤ちゃんの皮膚は薄く、爪も柔らかいとはいえすぐに傷付くから気を付けないと…と思っていた矢先のことでした。
すぐ治るから大丈夫、と言われても、傷ついた顔を見るとちょっと悲しくなってしまいました。
もっと早くケアしてあげればよかった…と後悔するばかりです。

退院する時までに、ベビー用のミトンを用意しておくべきでした。
お洋服の袖で腕が隠れればよかったのですが、息子の場合は手が出てしまい、
顔を引っ掻いてしまったのです。
娘の時は大丈夫だったから、と油断していました。
やはり子供によって体の特徴は全然違うんだなぁと実感しました。
  • 眠っている時がチャンス!

    起きている間は反射で手足がばたばた動くので、
    小さな手指をぎゅっと押さえ付けるのも怖く、
    基本的には寝ている間を狙ってケアしています。
    眠ってすぐだと眠りが浅い赤ちゃんはすぐにぐずぐずしてしまったりするので、
    私は寝てから30分後くらいを狙ってケアしていました。

    赤ちゃん用の爪切りハサミは必須アイテムで、
    指先に傷をつけないようにそっと切りました。
    赤ちゃんの爪は大人の爪と違って薄く柔らかいので、
    力を入れなくてもすぐに切れます。

    大きな音などにびっくりしてモロー反射が出ることもあるので、
    音を立てないように慎重に行っていました。
    今しか見られないモロー反射は可愛いのですが、
    爪切りの時だけは静かに寝ていてもらいたいものです。

みんなへメッセージやアドバイス

袖をひっくり返すと、手が出ないようになっているお洋服や、
可愛いミトンがたくさん市販されています。
初めての爪切りは怖いと思いますが、
ミトンなどのアイテムを上手に使って起きている間に顔を引っ掻かないように気をつけてあげてくださいね。
そして寝ている間に思い切ってケアを済ませてしまいましょう!
2
上へもどる