カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おむつ・おしり >
  4. その後のトレパン・・・変化は?
おむつ・おしり

[1歳1ヶ月]その後のトレパン・・・変化は? [育児の体験談]

148人に読まれました
2017-01-16 16:19
トレーニングパンツ作戦、毎日続けられればいいのですがお出かけの都合によりできない日も。
少しずつながら、トレーニングパンツの時間を作って1か月。少し変化があったかな・・・ええ、ほんの少しだけ・・・

  • おしっこをする、という感覚

    トレーニングパンツを使ってから少しだけ変わったことは、パンツをはいてない状態でおしっこをする直前に「おーーー!!」など、いつもと違った声を出すようになったことです。
    「何か出る」と思うのか、お知らせしてくれているのかわからないのですが、騒ぎだしたらシャーーと出てきます。

    トレーニングパンツでいるときは、半々くらいのタイミングで予告が始まります。
    何かに夢中になっている間に出てしまうと、出てしまったことも気づかずに夢中になっています。
  • ビショビショが気持ち悪いという感覚はまだまだ

    おしっこのみならず、お洋服が濡れても「気持ちが悪い」という感覚はまだないようです。
    こういう感覚は布おむつで過ごしてきた子の方があるのかもしれません。

    ただ、紙パンツをはかされる時より、トレーニングパンツをはかされる時の方が抵抗・逃亡が少ないので、トレーニングパンツは肌あたりが気持ちいという感覚はあるのかもしれません。
  • 失敗談

    ウンチは午前中とお風呂の後によくあり、いつもトレーニングパンツをするのは14時~17時の短時間。先日はおしっこをした後に、訴えるそぶりがあったので「この調子で・・・」と少し長めにトレーニングタイムを取っていたら、ゆるゆるウンチが・・・。

    6層なので漏れないだろうと、お風呂の準備をしていたら横からびちゃ・・・。
    あちこちにウンチが・・・。
    そんなこと含めトレーニングなのですが、紙おむつに慣れているとめげそうです。

    冬に近づき、随分冷え込んできたこともありますので、トレーニングタイムも短めに、風邪をひかさないようにしつつゆっくり進めてゆければと思います。
1

上へもどる