カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 悪阻のつらさをわかってくれない旦那さんに言いたい!
パパの準備

[20w]悪阻のつらさをわかってくれない旦那さんに言いたい! [妊娠・出産の体験談]

1544人に読まれました
2015-10-30 22:41
実体験に基づいた、旦那さんへのクレーム及び注意喚起です。ぜひ、旦那さんに読んでいただいて、うちの旦那さんと同じようなことを言うのは避けてもらいましょう。(笑)


  • 「大変そうだね~」からの「ご飯まだ?」

    悪阻って本当につらいんです。「見たらわかるよw」という声が聞こえそうですが、実際はその思ってるつらさより×5倍はしてください。「大変そうだね~」と言いながら「ご飯まだ?」という旦那さんは実際にいます。ええ、すぐ傍に(笑)。口だけの心配はいりません!
    よくあるのは洗い物などの家事で、「今日はしんどそうだから、もう寝たら?明日すればいいじゃん」。悪阻は寝たら治るものではありません。明日だって悪阻です。あなたにする気がないのなら無責任なことは言わないでおきましょう。結局自分がするんかい!と腹が立つだけです。
  • 「リフレッシュしにおでかけしよう」

    本当に妊婦のこと考えてますか?
    あまりにもつわりで毎日しんどそうにしている私に旦那がかけた言葉です。
    普段なら「おでかけ!わーい!!」ですが、悪阻真っ最中です。「わーい!」なんてなりません。「は???しんどいんだけど?????」もう「?」だらけです。外に出れば悪阻が治まるというものではありません。とにかく休みたいんです。こういうときは、「俺が家のできることをするから、ゆっくり休んだらいいよ」が正解です。これを言われたら「ありがとう~!!」となります。さっきとは雲泥の差です。
  • 「しんどいなら実家に帰ってもいいよ。」

    私の旦那はこれに「そのほうが俺も楽だし」をつけました。(怒^益^)
    旦那さん的には親切のつもりで言った言葉でしょうが、こっちからしたら違います。親に頼る前に旦那さんに支えてほしいのです。お腹にいる子は二人の子供です。妊婦は赤ちゃんを守るため、旦那さんは妊婦さんを守るため生活するべきじゃないでしょうか。
    特に奥さんの実家が遠くに離れてたり、里帰り出産を予定してたり、2人め以降の妊娠だったりした場合だともっとよく考えて発言してください。悪阻のときに長距離移動はしんどいです。里帰り出産だと親に産後でたくさんお世話になるのに更にお世話になるつもりですか。上の子一人と荷物と自分の体と…この移動がどれだけ大変か想像してみてください。浅はかな発言だと思いませんか?私はこれが全て当てはまっているため、妊娠中のいらんストレスがこの一言で一気に加算されました。

    多分、これを読んでくれる旦那さんはちゃんと妊娠中のことを考えてくれてる旦那さんなので同じ轍を踏まないと思います。読んでほしい人が読んでくれないんだよねぇ…。(;´∀`)
0

妊娠20w前後の体験談

上へもどる