カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 闘いぬいた陣痛の痛み!出産後の感動は比例します☆
出産

[39w]闘いぬいた陣痛の痛み!出産後の感動は比例します☆ [妊娠・出産の体験談]

11975人に読まれました
2016-06-28 17:40
写真のチョコレートケーキは、
陣痛が始まる前日に食べたずっと前から行ってみたかったケーキ屋さんのもの。
出産後はなかなか2人で出掛けられないだろうからと、優しい旦那様が連れて行ってくれました^_^
プリンとパイも買ったけど、このチョコレートケーキが1番美味しかった♡
この日は予定日まで一週間ちょっとということで、あまり遠出には向かない状況やったけど、2人で1万歩以上は歩きまわってました(笑)
これがきっかけになったのか、次の日の早朝に出産にむけての兆しが…。
朝方4時頃になんとなく気持ち悪い感じがして目が覚めました。
生理の時のような気持ち悪さというのか、おしもから温かいものが出てくる感覚がありました。
時期が時期だったのでまさか破水?!と思って慌ててトイレへ。
ショーツが濡れてはきかえなければいけないぐらいの状態でした。
便器が真っ赤に染まるぐらいの多めの出血があり、慌てた私はまずネットで状況を調べることに。
おしるしとは少し違うような、破水でもないような症状でした。
恐る恐る隣で寝ている旦那様を揺すっておこし、産まれるかもしれないの一言に飛び起きる始末(笑)
病院へ電話して状況を説明したところ、すぐに診察に来てくださいと言われたので念のため入院の準備をして病院へ向かいました。
赤ちゃんの心音を聞いたり、破水の検査をしたり、いくつかの問診を受けた結果、本陣痛ではなく恐らく前駆陣痛でしょうということでした。
子宮口も開いていないしとりあえずは帰宅して様子をみることに。
帰ってから軽い陣痛に襲われながらも普段通りの生活を送っていました。
いつ本陣痛が始まってもおかしくないと言われていたので、まずは入院準備を整えることに。
翌朝早くに、前日とは比べものにならないぐらいの陣痛が始まりました。
病院に電話したら5分感覚になるまで家で粘って下さいとのこと。
死ぬかと思いました(笑)
ベッドの上で叫び続ける私の背中をずっとさすり続けてくれた旦那様。
病院に行ってからも陣痛は強まるものの子宮口が開かず。
本陣痛が始まってから35時間、促進剤をうっても子宮口が6cmまでしか開かなかったので結局緊急帝王切開に。
自然分娩で出産出来なかったのは残念やったけど、陣痛から促進剤、帝王切開に至るまで全ての行程を体験出来たのはいい経験だなって思います。
初めての出産で、夫婦の絆も深まりました^o^

みんなへメッセージやアドバイス

陣痛が始まっても慌てないこと。
パートナーの支えがとっても大切だと思います^o^
4

妊娠39w前後の体験談

上へもどる