カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 【産後うつ対策】一人の時間を確保しよう
ママの悩み

[0歳2ヶ月]【産後うつ対策】一人の時間を確保しよう [育児の体験談]

666人に読まれました
2015-10-30 12:54
生後3か月の初めての娘がいます。赤ちゃんというのは、寝ているのを見ているだけでもかわいく面白いものです。また日々の成長も目覚ましく、楽しみのひとつでもあります。
ですが、夜泣きで苦しめられたり、ご飯を作っている最中でも泣き始めてしまったりと、お母さんの都合などお構いなしです。
かわいい我が子のためなら、なんでもできそうとは思いますが、つらい時はつらいです。

出産して1か月が過ぎて、体力が戻り始めたころ、夫が休みの日に娘の世話をお願いして、近所のスーパーに買い物へいきました。
授乳の時間があるので、1時間程度ですが、とっても解放された気分です。
わずかでも一人の時間というのは大切だなと感じました。
授乳の間隔が長くなれば、次第に遠出することも可能ですし、夫も娘の世話に慣れてくればもう少し一人の時間を設けることも可能になります。
我が家では夫が協力をしてくれますが、私の市の政策で、有料ですが家事や育児のペルプ事業があります。時には行政の手も借りながら、子育てをゆるくやっていくといいと思います。
いざというときに、頼れる人や方法があるのは心強いと思います。

息抜きの方法は人それぞれだと思いますが、少しだけ赤ちゃんと距離を置くだけでも、イライラした気持ちが落ち着きます。一人で抱えすぎると、ますます追い込まれてしまいますので、気を付けたほうが良いと思います。

周りの手助けのおかげで、私はいつもとは言えないけれど、心の余裕をもって子育てができています。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんが生まれると、交流の幅が一気に狭まってしまい、自由にできることも制限されてしまいます。自分と赤ちゃんの適切な距離感をつかめるのが一番理想的だと思います。
2

上へもどる