カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 【産後うつ対策】育児の大変さを夫に知ってもらう工夫
ママの悩み

[0歳2ヶ月]【産後うつ対策】育児の大変さを夫に知ってもらう工夫 [育児の体験談]

802人に読まれました
2015-10-30 13:48
我が家は、夫と私、2か月がたった娘の3人で公営の団地に住んでいます。
最初の1か月は、寝てるか娘の世話をしているかでしたが、2か月目に入り、体力が戻り始めると寝ているだけとはいきません。後回しにしていた家事をやらなくてはなりません。
娘の世話にも慣れ、少しずつできることが増えていくと、もっとやりたいとか夜寝たいという欲求が出てきます。しかし、2か月ぐらいだとまだまだ手のかかる状態ですので、やりたいけどできないジレンマが発生します。
そんなストレスと抱えていると、別の部屋でしっかり寝ている夫にイライラすることがあります。昼間、しっかり働いてもらうためとはいえ、2、3時間ごとにおむつや授乳で起こされる身としてはうらやましいかぎりです。
そんな時は、休みの前日の夜に、3人で同じ部屋で寝ます。夜泣かれて世話する苦労を共にします。全然、起きないので、苦労を共にしているというよりは、私の自己満足で終わっているように感じます。お風呂も交代で入れたりして、しっかりお願いするときはお願いしています。
ただ、子育てをお願いしすぎると、夫がまいってしまうので
趣味に没頭しているときや昼寝しているときはそっとしておくようにしています。
最近は、少々子守にお疲れ気味の様子なので、ちょっと任せすぎたかなと反省しています。

お互いがお互いを思いながら子育てをしていくのが一番理想的です。相手の立場や気持ちを考えて、でもつらいときはつらいと素直に言える夫婦関係を維持していきたいと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

長い長い子育て、ゆるくやっていくためには、夫婦の良好な関係が必要です。子どものことだけでなく、夫のことも少し気にかけていくといいかもしれません。ただし、自分が疲れすぎない程度に気を付けたほうが良いと思います。
1

上へもどる