カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後2ヶ月 >
  4. 【育児体験談】私と赤ちゃん 生まれてから2か月目
生後2ヶ月

[0歳2ヶ月]【育児体験談】私と赤ちゃん 生まれてから2か月目 [育児の体験談]

367人に読まれました
2015-10-30 18:13
私の状態
体力が回復し、家事などが通常にできるようになりました。ただし、授乳間隔が短いため、夜の睡眠時間が短いせいか、がんばりすぎると翌日何も手が付けられない状態になってしまいました。授乳の間隔が2時間ほど程度ひらくようになり、少し自由になる時間が増えます。その間に家事や娘を夫にまかせ、一人で近所のスーパーまで行けるようになりました。

娘の状態
授乳の間隔が2時間程度あくようになってきました。
首を頻繁に動かし始め、アー・ウーなどの声をだし、時には笑うようになりました。
手足をバタバタ動かし始めます。

この時期にやったこと
・1か月健診
・赤ちゃん訪問
・予防接種の予約
・内祝いの手配
・お礼参り・お宮参り

1か月健診
通常、産院で行います。
母親の子宮の収縮状態、術後の経過の確認。小児科の先生による赤ちゃんの成長度合いの確認。栄養士さんによる母乳相談を行いました。
赤ちゃんは1か月目で体重が約1kg増えるのが目安です。また、この時期にはだいたい2時間程度、授乳の間隔が開くそうです。それまでは泣いたら授乳していましたが、2時間は待たせるようにとの指導を受けました。どうしても泣くようなら、湯冷ましか煮出した薄い麦茶を飲ませるようにとのことです。ただ、湯冷ましはすぐに飲まなくなりました。
赤ちゃん訪問時の保健師が言っていたのですが、あまり神経質にならなくても、成長するうちにおっぱいを吸う力がついていくので、自然と間隔が広がっていくようです。

赤ちゃん訪問
地域の保健所の保健師さんが家庭に訪問して赤ちゃんの状態の確認や予防接種などの指導をしてくれます。地域の活動のことや、子育てで不安に思っていることを教えてくれたり相談することができます。

みんなへメッセージやアドバイス

予防接種は、所定の回数を決まった期間に受けなくてはいけません。受けられるようになったら、すぐに予約しておくと良いそうです。
1

上へもどる