カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 切迫流産になってしまいました!長い不妊治療からの妊娠
妊娠初期(2~4ヵ月)

[12w]切迫流産になってしまいました!長い不妊治療からの妊娠 [妊娠・出産の体験談]

6948人に読まれました
2016-02-04 16:34
長い長い不妊治療を経て、やっと新たな命を授かりました。
つわりはありましたが、我慢できる範囲だったので安心していた時に事件は起こりました。
  • 妊娠12週に急に出血!

    12週に入った頃のことです。
    朝起きたら急に胃腸炎のような症状があり、30分ごとにトイレに駆け込む状態に。
    休日診療で整腸剤出してもらってやすんでいましたが、次の日の明け方5時すぎにトイレに行くと便器が真っ赤に染まっていました。

    ちょうど目を覚ました主人に出血していることを伝え、病院に連絡したら「安静にしてみてください」と眠そうな声で言われました。

    こちらは気が動転しているので、その場で了解してとりあえず安静にしましたが、治らず。
    結局生理二日目くらいの出血があったので、夜が明けてから再度病院に連絡して受診しました。

    待ってる間は不安で不安で、泣いていました。
    悪いもの食べたのかな、仕事しすぎたのかなとか、考えたらきりがありません。

    1時間も待たずに診察をしてもらい、切迫流産という診断がつきました。
    赤ちゃんが元気なことは不幸中の幸いでした。
    洗浄してもらい、張り止めを処方されて帰宅。
    しばらく仕事は休むよう言われ、次の日に再度受診することになりました。

    次の日も受診し、同じように内診してもらいました。
    胎盤が低めのため、下痢で刺激されて出血したのではないのか、とのこと。
    自宅安静(家事は簡単なものなら良い )と言われ、2週間後に受診の予約をとり帰宅しました。

    ちなみに張り止めの副作用で頭痛がひどかったのですが、安静にするなら飲まなくていいとのことでした。
  • 主人に助けられた日常生活

    帰宅後からは主人に家事を全てお願いしました。
    洗濯、掃除、ゴミ出しは率先してやってくれました。
    主人が仕事の平日は宅配弁当やネットスーパーを使い、トイレ、食事以外はベット上で過ごすように。
    シャワーも出血がある間は一日置きで、洗髪する日と体を洗う日で分けていました。

    そのせいか出血も徐々に減ってきました。
  • 出血が止まるまで

    前回から2週間後に受診しましたが、まだ血腫が残っているので、追加で安静とのことでした。
    外に排出されるか、吸収されるかしないとなくならないそうです。

    その後は鮮血→チョコレート色→薄茶色→ミルクティー色と変化し、約5週間で出血は止まりました。

    おかげで現在は活動の制限も少なくなりました。(仕事は休んでいますが)

    妊娠中は普段以上に何があるかわからない、ということが実感できた体験でした。
  • 切迫流産中に暇つぶしでやっていたこと

    最初は毎日泣いていましたが、体調が良くなるにつれてなにかやろうという気が出てきました。
    ○ベビー本を読む。
    今後何が必要なのかを紙に書いておきました。

    ○ゲームをする
    パズルとか、簡単なゲームをしました

    ○手芸
    主治医に許可をもらってですが、1日1時間くらいベビーのものを手縫いで作っています。

    もちろん安静の程度でできることは違いますが、気分転換しつつ過ごすようにしていました。

みんなへメッセージやアドバイス

大丈夫だと思って無理はしないでください。
お腹の子を守れるのは自分だけです。
部屋が汚れていても、洗濯がたまっていても意外となんとかなります。

安静期間は辛いですが、赤ちゃんがくれたお休みと思って、しっかり休養して耐えましょう!
5

妊娠12w前後の体験談

妊娠初期(2~4ヵ月)の人気体験談ランキング

上へもどる