カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 娘二人が迷子に!!でも娘たちにとっては・・・
おでかけ

[8歳]娘二人が迷子に!!でも娘たちにとっては・・・ [育児の体験談]

448人に読まれました
2015-11-01 14:50
家族5人で近所にある動物園にいきました。
長女小学2年、次女が幼稚園年中さん、長男が2歳の時です。

初めのうちは、家族で順路を巡っていました。
そのうち、長女が持ってきたデジカメをかしてほしい、というので、貸しました。

池にいるフラミンゴを見ていた時に、忽然と長女と次女の姿が見えなくなりました。

池の周りには、木が所々植えてありました。そして、その植え込みの陰に、私と夫と

長男チーム、そして長女と次女チームにいつの間にか別れていました。

フラミンゴを植木を境にして2チームで見ていたのです。
注意を払ってはいましたが、ふと気づくと、娘ふたりの姿がありませんでした。

順路を辿っているのだろうと、私たちは考え、次のシロクマのいるところに行ってみました。ところが、どこにもいないのです!!

ここから、私と夫は娘たちの捜索を始めました。
この動物園は山の上にあるので、登ったり降りたりしなければなりません。

私たちがいた、フラミンゴは登ったところにありました。
まだ長男が長時間歩ける年齢ではなく、ベビーカーでしたので、私と長男がその場で
待機、夫が娘たちを探しに行きました。

夫も探し歩く、そして娘たちも動いているので、お互いが動くことによりなかなか発見できませんでした。
必死で、山を何度も降りたり登ったりしましたが、結局会えません。
園内放送で、呼び出してみましたが、全く反応もなく・・・。

私たちは途方にくれていました。

そして、とりあえず入口に戻ってみようと、行ってみました。
すると・・・。
  • 長女と次女はどこへ・・・?

    二人がベンチに座っていたのです!!
    ようやく見つけました。そしてとても不安げな顔をしていたのはいうまでもありません。

    それはそうですよね。

    そして、よくよく話を聞くと、二人で動物園を堪能していたのでした。
    楽しく回っていたので、娘たちはまさか私たちとはぐれてるなんてことは、全く気付かなかったようでした。

    そして、最初のところに戻ってふと、後ろを振り返ると、私たちがいないことに初めて気づいたとのことでした。

    デジカメを貸し、それで色々な動物を撮り、楽しく二人で回っていたのです。
    それは家に帰って、デジカメの映像を見たときに、初めてわかったことでした。

    何事もなかったのでその映像を見て、夫と大笑いしてました。しっかり観光してるのです。
    その一つが上の写真です。
    これはゴリラの足の型なのですが、自分とどのくらい違うのか、写真に収めたものでした。

    私たちが青くなって探している中、娘ふたりは動物園を満喫していました。
    でも、はぐれていることに気づいたとき、今度は娘達が顔を青くする番になったのでした。

    私たちの姿を見るやいなや、長女は涙を流し始めました。
    次女はお姉ちゃんがいたから、心強かったのか、涙はありませんでしたが、事の重大さに気づいたようでした。

    その後は、揃ってお昼ご飯を食べて、残りの時間は、見たいところをみることにしました。
    ペンギンのコーナーが特にお気に入りで、ずっと見ていた子供たちでした。

みんなへメッセージやアドバイス

それにしても、いきなり子供の姿が見えなくなるのは、本当に血の気が引きます。
それでも動物園から出ることはないだろうと思っていましたが、不審者に連れて行かれていた可能性もあります。
夫は普段は冷静な人ですが、この時ばかりは焦りの色が伺えました。

今回は、本人たちも楽しくすごせたようですので、よしとしました。
次からは、声をかけてから、私たちから離れてね、と念を押しました。

これが初めての娘ふたりの大冒険だったのです。
1

妊娠8歳前後の体験談

上へもどる