カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. おすすめ絵本
遊び・あやし

[1歳11ヶ月]おすすめ絵本 [育児の体験談]

181人に読まれました
2015-10-30 22:53
もうすぐ2歳の娘は乳児の頃から絵本が好きで、図書館や公民館などからよく借りてきて毎日のように違う絵本を読んでやっています。生後2ヶ月ごろにファースト絵本を買って以来いろんな絵本を読み聞かせて、よく手にも持たせていたと思います。話の内容はもちろん理解できていなかったと思いますが、色の鮮やかさとかキャラクターの表情とかからストーリーを感じているような様子はかなり小さい時からありました。今では寝る前のマストアイテムになっています。1歳頃までは寝るときはオッパイを加えて寝るのが習慣だったのが、卒乳をきっかけに寝る前には布団の上で絵本を読むのを習慣化したところ、布団で絵本イコール眠くなるというパターンができあがりました。

1歳半頃までは、絵本の中で何かが壊れたり登場人物とか動物が泣くシーンがあるものは刺激が強すぎるようでした。一緒になって泣いてしまってフォローが大変だったり、夜泣きが激しかったりすることもありました。夜泣きとかは大変ではありましたが、それはそれで成長の糧だと思って特にそういうものを避けることはしませんでした。

おすすめの絵本はたくさんあるのですが、今の時点で一冊だけを選ぶならば、「しろくまちゃんのホットケーキ」をおすすめしたいです。乳児の頃に読むにはわりと文字が多いですが、子どもにとっては絵がとても魅力的なようです。フライパンとボールが出てきたり材料を入れてかき混ぜたりして、料理のシーンにも興味津々です。いちばん特徴的なのは、オノマトペ(擬音語・擬態語)が豊富なところです。フライパンの上でホットケーキが焼ける様子を順を追って解説しているページがとても気に入っているようです。
これまで何百回読んだだろうかというこの本ですが、今後もまだまだ活躍しそうです!
2

1歳11ヶ月前後の体験談

上へもどる