カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. ヒマさえあれば地域の児童センターへ。
遊び・あやし

[1歳11ヶ月]ヒマさえあれば地域の児童センターへ。 [育児の体験談]

155人に読まれました
2015-10-30 23:46
子ども達を毎日遊ばせるのはなかなか大変ですが、しっかり昼寝してくれないと家事も何もできなかったりするので、午前中は極力がっつり遊ばせるように心がけています。
車で行ける範囲の公園、神社、観光地、図書館、体育館、スーパー、ドラッグストア等々いろんな場所に行きますが、いちばんよく行っているのはなんといっても地域の児童センターです。

センターといってもいろんな施設があると思いますが、私がよく通っているセンターはかなり大きな施設で、地域の公民館のようなサイズではなく体育館、プラネタリウム、ホールなどもあるようなかなり大きな施設です。大きいだけあって来館する親子の数もかなり多く、いろんな子がいて子どもたちにとっては刺激になるようです。

遊戯室の室内にはおもちゃや滑り台などの大きめの遊具などがあって、遊んでいるのは幼稚園・保育園に行く前の子達がほとんどのようです。
○曜日は保健師さんによる身体測定の日とか○曜日はリトミックの日とか体操の日とか工作の日とか、いろんな企画を用意してくださっています。かなり通っているので子ども達の名前も覚えてくださり、一緒に成長を見守ってくださっていると勝手に思っています。
本当に本当に有難くて、ここがない生活なんて考えられません!
子どもの社交性とか集団の中でルールを守らせることとか、こういう場所ならではの教えてあげられることがあるんじゃないかと思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

利用しない手はないですよ!もし利用されていない方がいたらすぐにでも行ってみてください
0

1歳11ヶ月前後の体験談

上へもどる