カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 1歳6ヶ月~11ヶ月 >
  4. 幼くして姉になった娘のあかちゃんがえり
1歳6ヶ月~11ヶ月

[1歳11ヶ月]幼くして姉になった娘のあかちゃんがえり [育児の体験談]

175人に読まれました
2015-10-31 00:54
長女が1歳4ヶ月のときに長男を出産したので、長女は1歳4ヶ月で姉になってしまいました。息子が生まれた直後は、少し触ってみたり臭いをかいだりして嬉しそうにかわいがっている様子でしたが、最近はライバル心とかママを取り合う敵のような存在だと思っているようです。

おもちゃや服も同じものを使うことが納得いかない様子で、おもちゃなんかは長男の手から奪い取ってしまい、取られた長男はえーんと泣いて抗議するというなんとも面倒なことになってきました。服も同じで、自分が昔きていた服を長男が着ていると、泣いて抗議してひどいときにはどうにか脱がしてやろうと服を引っ張ったりします。

あかちゃんがえりについて調べてみると、上記もそれに当てはまるのだろうと思います。また最近はなにかと「怖い」と言うことが多くなっていて、これもあかちゃんがえりの子どもに見られる行動のようです。

赤ちゃん返りは、成長に伴う避けては通れない道だと理解してあげねばならないそうです。「お姉ちゃんなのに」「お姉ちゃんなんだから」とゆう言葉は控え、上の子は赤ちゃんの方が良いと思って赤ちゃんがえりをするので、「さすが、お姉ちゃん」「お姉ちゃんだから出来るんだね」と褒めて十分甘えさせてあげるのが良いそうです。
0

1歳11ヶ月前後の体験談

上へもどる