カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後5ヶ月 >
  4. RSウイルス〜次男の入院〜
生後5ヶ月

[0歳5ヶ月]RSウイルス〜次男の入院〜 [育児の体験談]

193人に読まれました
2015-10-31 02:30
最近はたまにテレビでも目にする事のある、RSウイルス。

風邪のような症状で、咳が長引くのが特徴です。

ですが!乳児がRSウイルスに感染した時は、注意して経過観察をする必要があります。

長男は1歳前に初めてRSウイルスに感染しました。
咳は長引きましたが、重症化する事なく済み、その後も年に一回くらいはRSウイルスにかかるような感じでしたが、
そこまでひどくならずに済んでいました。

ところが、長男が幼稚園に入園すると、やはり幼稚園から色々ともらってくるようで、
風邪を引くこともしょっちゅう。

入園して3か月がたった頃に、クラスでRSウイルスが流行し、長男ももれなく感染しました。

熱がいつもより出ましたが、いつもの咳風邪と言った感じで、一週間程度でよくなったのですが、

当時、生後5ヶ月の次男にも感染してしまいました。
同じ家の中にいたら、なかなか感染は防げません。
母ももれなく感染しました。

熱が出たので、病院で診てもらい、薬を飲ませていました。
(RSウイルスは特効薬があるわけではないので、対処療法になります)

母乳をあげているから、すこし免疫もあるかなと甘くみていたら、咳がどんどんひどくなっていきました。

まだ小さいこともあり、再び小児科に行くと、気管がゼイゼイしていると言われました。

吸入器をお借りして、家でも吸入をする事になりました。
土曜日の午前中だったので、また週明けに来てくださいと言われました。
1

上へもどる