カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後5ヶ月 >
  4. RSウイルス〜次男の入院〜③
生後5ヶ月

[0歳5ヶ月]RSウイルス〜次男の入院〜③ [育児の体験談]

314人に読まれました
2015-10-31 08:24
一時帰宅から病室に戻ると、酸素吸入器を付けた次男がいました。

まだ小さいのに、つらい思いをさせて、本当にかわいそうでした。

一時帰宅中、次男の酸素濃度を調べてくれていたのですが、
起きている時はいいのですが、寝た時に急激に酸素濃度が下がる事がわかりました。

診察中は平気でも、家で寝ている間苦しかったのだと思うと、かわいそうでなりませんでした。

入院していなければ、もっと危険な状態だったかもしれない事を思うと、入院になって先生がいつでも見てくれる環境が安心でした。

まだ寝返りもしていなかったので、基本的に寝ているだけだったのが救いでした。
歩くようになってからの入院は大変だろうなぁと思います。

毎日何回も吸入と、鼻水と痰の吸引をしてもらい、薬を飲んで、みるみる良くなっていきました。

パパや両方の両親が順番で仕事を休んで、お見舞いに来てくれたり、長男の幼稚園の面倒を見てくれました。

私は完全付き添いだったので、1〜2時間交代してもらい、着替えを取りに行ったり、シャワーを浴びに行ったりしていました。

一番の思い出は、パパが長男のお弁当を作ってくれた事。
後にも先にも、お弁当作りなんてあの時だけだったかもしれません。
たまにチャーハンやオムライスを作ってくれる位です。

一週間程度で無事に退院する事が出来、自宅での看護になりましたが、
入院中は本当にお世話になったし、色々な人の支えがないと、生活って成り立たない事を痛感しました。

みんなへメッセージやアドバイス

長男が幼稚園に通っていたのも、助かりました。
1

生後5ヶ月の人気体験談ランキング

上へもどる