カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. こんなに小ちゃくても命。赤ちゃんを初めてみたときの感動
妊娠中の生活

[8w]こんなに小ちゃくても命。赤ちゃんを初めてみたときの感動 [妊娠・出産の体験談]

417人に読まれました
2015-10-31 10:56
*いざ、診察台へ!*
 「下を脱いだら、診察台にかけてお待ち下さいね」
 初めての妊婦検診当日、診察室へ案内されたあと、診察台へ。
 診察台は、子宮がん検診のときに一度体験してしていたのですが、やはり不慣れな姿勢に
すこしもぞもぞしながらも、顔では「へっちゃらですよー」という風を装っていました。
 先生が見えて、まずはおりものチェック。すこし冷たい感触と、あぁ、何かを採取していますな、という感覚はありながらも、すぐに終了。
 次にいよいよエコーで中をみていきます。
 そんなに強い力ではないですが、中の壁をぐっぐっと”何か”(誰か)を探している模様。
そしてある箇所で先生の手が止まり、声をかけてくれました。
「○○さん見えますかー?いまここに白く写っている丸いのが赤ちゃんです。」
こ、これが赤ちゃん!
足下のモニターを凝視する私。
こうして、初めて赤ちゃんを見ることができたのでした。

*小ちゃくてかわいい、雪だるまちゃん*
 初めて赤ちゃんを見たときに、「雪だるまみたい!」そう思ったのでした。
もちろん、モニターに映っている映像は白黒で、だから赤ちゃんも白い影でしか映っていなかったのですが、それでも十分、大きな実感となりました。
 先生が画面を指しながら、説明をして下さいます

「ここが頭で、ここに小さく動いているの分かる?これが心臓なのよ」

 あまりに小さい体の、あまりに小さい心臓。
 それでもその小さな小さな心臓は、一生懸命動いているのでした。
 いまでもその時のことを思い出すと、すこし涙ぐんでしまいます。

 天から授かった、私の小さな小さな雪だるまちゃん。

 このときにいただいた写真は、私の一生の宝物です。

みんなへメッセージやアドバイス

 初めてもらうエコーの写真は、赤ちゃんの一番最初の記念写真です。
 これからも何度か撮っていきますので、ぜひ大切に保管してください。
 おなかの中でも、赤ちゃんがどんどん大きくなっていく成長を感じることができますよ。
0

妊娠8w前後の体験談

上へもどる