カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. はさみで切っちゃった!
ケガ・応急処置

[4歳]はさみで切っちゃった! [育児の体験談]

1614人に読まれました
2015-11-01 15:21
今、4才4か月の長女の今日の出来事について書きたいと思います。
  • せっかくの晴れた日曜日

    昨日の夜から次女が高熱を出してしまい、幸い朝には落ち着きましたがお出かけはできないので、家の中で遊んでいました。
    長女は幼稚園でも言われるほど、お絵かきや工作が大好きです。今日も100均で買った落書き帳や、うちにあった折り紙で次女と仲良く遊んでいました。
    お昼ご飯を食べ終えて、後片付けをしていると突然大きな声で長女が泣き始めました。
  • ただごとではない!

    次女はともかく、長女はもう大声で泣くほどなにかあることはなかったので、ただ事ではないなと思いました。
    すぐにかけつけようと、手を洗っていると長女が泣きながらキッチンへやってきました。
    「はさみで切っちゃった~!」と言いながら、片手には製作途中の作品、片方の手の人差し指からは血が流れおちていました。
    血が多すぎてすぐには傷の様子がわかりませんでしたが、とにかく止血してしばらく長女の指を握っていました。
  • 血が止まらない!

    もういいかな?と思った頃、握っていた指をどかしてティッシュもゆっくりとってみると、またすぐに血があふれてきてしまって長女大泣き。私も思ったより多い血に焦ってしまいましたが、私が焦ってしまうと長女も不安になってしまうと思い、精一杯笑顔で優しく接しました。
    またしばらく握って止血して、様子を見ながら見てみると、やっと少しにじむくらいまでになっていました。
  • これも成長のための一コマ

    「もう大丈夫だよ」の一言でほっとしたのか「パパがびっくりするかな?」といった長女。「痛いよ~!」以外の次の一言がそれなの?と思っちゃったりしましたが(笑)病院に行ったり、縫合したりするほどではなかったようで、とりあえず一安心でした。
    多少転んで擦りむいてしまったり、紙で切ってしまったことはありましたが、こんなに血が出てしまったり、痛い思いをしたのは長女の4年間の人生では初だったと思います。私も今までで一番焦ったかも(笑)子供って、いくら「危ない」「気を付けて」と言っても、実際にはわかっていないことも多いと思うので、痛い思いをしてしまったけど、これもいい経験になったのかなと思ったのでした。

みんなへメッセージやアドバイス

子供がけがをしてしまったりすると、思っていたよりも焦ってしまうこともあるかと思います。普段は必要がなくても、いざという時のためにいろいろ準備しておいてもいいかもしれません。
1

妊娠4歳前後の体験談

上へもどる