カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 迷信?言い伝え?妊娠中に感じた性別の違い
妊娠中期(5~7ヵ月)

[24w]迷信?言い伝え?妊娠中に感じた性別の違い [妊娠・出産の体験談]

20329人に読まれました
2016-03-29 16:31
私は1男1女の母です。
妊娠中、まだ性別がわからないと、どっちかな?って楽しみですよね。
そこで、私が妊娠中に感じた男の子と女の子の違いを書いてみたいと思います。
一人目→男の子
二人目→女の子

ちなみに、二人とも妊娠7~8ヶ月くらいまで性別がはっきりしませんでした。
  • つわり・・・重さは同じくらい

    つわりの重さは同じくらいだったと思います。
    2回とも吐いたりはせず、少し気持ち悪くて横になる、という感じでした。
    ただ、二人目のときは上に子どもがいる分、ゆっくり休みたいときに休めないというのがあって、一人目のときより気持ち悪かったような気がします。
    そして長引いてました。
    私は夫の実家で同居をしているので、気分が悪いときは上の子をお義母さんに見ててもらえたので助かりました。
  • 食べ物の好み・・・全然違った

    上の子のときはひたすらトマトを食べていました。
    ポテトなどジャンクフードやしょっぱい食べ物も好んで食べていました。

    下の子のときは、チョコレートが無性に食べたかったです。
    それも、チョコがかかってるビスケットとかそういうものではなく、チョコだけが食べたかったので、常に板チョコを切らさないようにしていました。

    ただ、妊娠中は体重管理もしなければいけないので少量でガマンしていました。
    甘いものが食べたくなると女の子という言い伝えがあるみたいです。

    つわりの時期を過ぎてからは、ちゃんとバランスよく食べるように意識していました。
  • お腹の出方・・・似ていた

    どっちのときも前に突き出ていたように思います。
    ただ、二人目のときはお腹の膨らみがあまり目立たなかったようで、周りから女の子じゃない?と言われていました。

    お腹の出方は、その人の体型とか骨盤とかによるようなので、私は前に突き出るタイプだったのかな~と思っています。
  • 胎動・・・一人目のほうが強かった

    後期(8ヶ月以降)は、胎動は同じくらいの強さだったと思います。

    でも、5ヶ月~7ヶ月くらいの時期は上の子のほうが強かったので、二人目妊娠中は、「この子胎動弱いんじゃないかな?大丈夫かな?」と少し不安に思っていました。
    比較対象があると、自然といろいろ気になってしまいます・・・。

    胎動は、強い弱いよりも、ちゃんと動いているかのほうが大事みたいなので、お腹をポンポンとたたいて赤ちゃんにキックしてもらう遊びをやっていました。
  • ママの顔つき・・・二人目のほうがいろんな意味できつかった

    よく、顔つきがきつくなると男の子、と言われますが、上の子妊娠中は顔つきもきつくなく、周りから女の子だと言われていました。
    (実際は男の子)

    二人目妊娠中は、上の子がイヤイヤ期だったこともあり、顔つきはきつくなっていたと思います。
    (実際は女の子)
  • その他・・・迷信いろいろ

    <中国式カレンダー>
    上の子も下の子も当たっていました。
    数え年で調べなければいけないので、自動計算してくれるサイトで調べたほうが簡単だと思います。

    <上の子の予言>
    弟?妹?って聞くと妹。
    男の子?女の子?って聞くと女の子。
    と答える確率が高かったです。

    <上の子のつむじの向き>
    右巻きは同性、左巻きは異性らしいです。
    上の子のつむじは左巻きです。

みんなへメッセージやアドバイス

性別がはっきりしないうちは気になっていろいろ調べてしまうと思います。
いろいろな迷信や言い伝えがありますが、どれも明確なものではないので参考程度にしてみてください。
確率は50%です。
男の子でも女の子でも、自分の子どもはどちらもかわいいですよ。
2

妊娠24w前後の体験談

妊娠中期(5~7ヵ月)の人気体験談ランキング

上へもどる