カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. お母さんの証し!市役所へ母子手帳をもらいにいこう!
お金・各種制度

[10w]お母さんの証し!市役所へ母子手帳をもらいにいこう! [妊娠・出産の体験談]

3344人に読まれました
2016-02-05 16:12
みなさんは、自分が赤ちゃんのころの母子手帳を見たことがありますか?
私もこどものころ、お母さんの引き出しに母子手帳が入っているのを見つけて、読んでみたことがあります。
生年月日に、自分の生まれた時の身長、体重が書かれていて、(今はないかもしれませんが)顔写真つきでした。
思い出の品々はたくさんあるけれど、母子手帳ってなんだか特別。そんな風に思ったのを、今でも憶えています。
  • *さあ、市役所へ!*

    初の妊婦健診のあと、証明書をもらえますので、それを役所の窓口へ持っていきます。
    席へつくと、係の方が「お母さんセット」をもってきてくださいます。
    セットの中身は、母子手帳の他に、これからの妊婦健診の割引券などがまとまった冊子(私は別冊と読んでいます)、各種案内資料、それから「おなかに赤ちゃんがいます」ストラップです。
    補足ですが、妊婦健診は、とても高いです!たしか一回7000円くらいします!そして、何回もあります!
    だからこの「別冊」もとても大事です!何百円くらいに、一気に安くなりますよ。ありがたいですね。
  • *職員さんとのやりとりで、元気をもらう*

    ここまで、妊娠をしっているのは自分とパパ、ご家族の方、そして病院の先生と、実感はだんだん芽生えてきていました。そして、ここでさらに役所の方ともお話することで、ほっとするような、ますます気合いが入るような、そんな気持ちがしたのでした。

みんなへメッセージやアドバイス

おなかの中にいながらも、赤ちゃんが与える影響はいろんな人に広がっていきます。
役所もそのひとつ。役所の方にもふれあう事で、”地域”に赤ちゃんが出発する事にもなります。分からないことはたくさん聞いて、学んで、いろんな人の助けを借りながら、安心した妊婦さん生活を送りましょうね!
1

妊娠10w前後の体験談

上へもどる