カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. ちょっと哲学!母になって変わった、あることへの考え方。
妊娠中の生活

[12w]ちょっと哲学!母になって変わった、あることへの考え方。 [妊娠・出産の体験談]

546人に読まれました
2015-11-02 14:11
*赤ちゃんはいま何歳?*
みなさん、数え年はご存知ですよね。生まれたときを一歳として、それからお正月ごとに年を重ねていくというものです。
 なんで生まれたときに一歳なんだろう?そんな疑問をもたれた事はありませんか?
 私も何となく不思議でした。なんとなく、昔はゼロって言う概念が無かったからかな、くらいに思っていました。
 ところが、妊婦さんになってから、「確かに赤ちゃんは、生まれた時にすでに一歳だ!」
そう確信がもてるようになりました。

*世間に出る前から、いま、確かに、ここにある命*
 生まれてくるまでは、赤ちゃんは人として認められるのか?
 いまでも議論の耐えない、難しい問題です。
 それでも、妊婦さんである身として確かに言える事は、「赤ちゃんは確かに生きている」
ということです。たとえ2センチでも、小さな小さな心臓はパクパクパクパク動いています。
鼓動だってしっかり聞こえます。すごく速いんですよ。一分間に160回です。
 そういった意味では、私たち大人よりもよっぽど「生きようとしている」ようにも思えます。

*生まれた頃にはすでに一歳*
 そうして、おなかの中で立派に生きている赤ちゃんですから、生まれてきたころには既に一歳であると言われても、今は何の不思議もありません。
 生まれてきてからも、おなかの中の記憶は赤ちゃんに残っている、とさえ思います。くるくるうごいてお母さんのおなかをさわさわしてみたり、変なものを食べたら体調を悪くすることで「だめだよ」と教えてもくれます。
 言葉はないけれど、全身全霊で胎児として生きている、そう感じています。

みんなへメッセージやアドバイス

 こうして立派に生きている赤ちゃんですが、この赤ちゃんをいま守る事ができるのは、他でもない私たち「ママ」です。だって、このおなかにすっぽり包まれているんですもの
 いまの赤ちゃんにとっては、私たち自身が「全世界」であるといっても、過言ではないと思います。
 おなかにそっと手をあてて、この温かさを感じてみましょう。
1

妊娠12w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる