カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 後悔と反省。切迫早産
トラブル

[30w]後悔と反省。切迫早産 [妊娠・出産の体験談]

3213人に読まれました
2015-11-02 16:27
出産予定日の2カ月ほど前、切迫早産になってしまいました。
それまで、お腹の張りというものがあまり分からなくて買い物などの外出も特に気にせず行っていました。

  • ピキーンとくる腹痛

    とても寒い日でした。普段通り歩いて15分ほどの道のりを歩き買い物をして帰り道、急にお腹にピーンとする痛みを感じて動けなくなりました。道の端に寄り少し休むとだいぶましになったのでそこからゆっくり歩いて家へ。お腹が張ってる感じがはっきり分かったのでベッドに横になっていました。

    夕方になり、トイレへ行くと鮮血が!病院へ連絡して診察してもらうと「切迫早産」の診断でした。先ほどの出血は「おしるし」だったみたいです。

    幸い入院には至りませんでしたが、それからは自宅で安静の日々の始まりです。トイレとお風呂以外はベッドで過ごすことに。今赤ちゃんが産まれてしまうとまだ内臓や肺などがきちんとできていないので危険だという話を聞き、不安でたまりませんでした。お腹の中の子供に何かあったら私の責任なので、どうしてもっと気をつけて生活しなかったんだろうととても後悔しました。

    それからは毎日張り止めの薬を飲みますが、薬を飲むと動悸が激しくなる副作用があったり、家事もできないので主人もとても大変だったと思います。

    毎日ベッドの上でカレンダーとにらめっこして過ごしました。何もできないのでついつい携帯で情報を…と見るのですが、逆に不安にさせられたり。あの日々は本当に大変でした。

    結局私は入院することもなく、予定日を超過して娘を産むことができました。

みんなへメッセージやアドバイス

元気だと思っても気づかないうちに無理をしてしまっていることもあります。お腹の張りは赤ちゃんからのサインなので、軽く考えずに体を大事にしてくださいね。
4

妊娠30w前後の体験談

上へもどる