カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 流産後の妊活〜フライング〜
妊活

流産後の妊活〜フライング〜 [妊娠・出産の体験談]

712人に読まれました
2015-06-18 07:44
私は昨年7月に結婚し、8月に妊娠発覚、9月に9w6dで稽留流産となりました。
そこで今年の1月に再び妊娠発覚するまで4ヶ月程妊活に励んでいました。

妊活をされている方が1周期の間に1番ソワソワする期間、それは排卵後〜生理予定日だと思います。
私も妊活中はいつから妊娠検査薬を使うか、毎日ソワソワ過ごしていました。またいつから妊娠検査薬の反応が出るのか、ネットで検索しまくったものです。

妊娠検査薬を説明書に書かれている使用開始日より、早く使用することをフライングといいますが、私もこのフライングをしていた1人です。
私は海外製の早期妊娠検査薬DAVIDというものを使用していました。早期妊娠検査薬を使う時点で充分フライングなのに、更にそれ以上にフライングするという事態。妊活をしていない人からすれば疑問に思うようですが、妊活していればこのような思考になるのも想定内です。

そして肝心ないつから結果が分かるかということなのですが、今回私がフライングした結果生理周期20日目、高温期10日目に陽性が出ました。陽性と言っても画像のように本当に極々薄い陽性だったので、目を凝らさないととても見えないような線でした。
そこから毎日検査を続けているとだんだん線が濃くなってきて、生理予定日である生理周期26日目にはくっきりと線が出るようになりました。

その後病院に行ったのが生理予定日1週間後なので、妊娠発覚してから病院に行くまでの2週間はとても長く感じました。フライングしたことで不安も大きくなりましたが、早くから禁酒したり、風邪薬を飲まないように気をつけられたり、と赤ちゃんの為にしてあげられることは増えたので結果的に良かっと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

フライングには賛否両論ありますが、妊娠を早く知ることでその分赤ちゃんと過ごせる時間が長くなります。そのことがお母さんにとっても、赤ちゃんにとっても幸せなことなのは一目瞭然ですよね。
1

上へもどる