カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 家事は不得手!妊娠中は周りの助けを借りながら…
妊娠中の生活

[13w]家事は不得手!妊娠中は周りの助けを借りながら… [妊娠・出産の体験談]

5286人に読まれました
2016-08-04 15:10
家事がしっかりできる女性って、素敵だと思います。私も幾度となくそんな女性に憧れました。けれど現実は…

そんな、家事が不得手な私ですが、周りの人の助けを借りながら妊婦生活を過ごさせていただいています。

  • 家事は圧倒的に旦那さんが上手!

    まず、二人で暮らしはじめた時から、家事は圧倒的に旦那さんの方が!上手でした。

    洗濯はピシッ!食器はピカ!料理はシンプルかつこだわり!
    見事なこなしっぷりに、助かりつつも、ちょっぴり情けないような思いも。

    そんな自分ですから、彼の家業のお手伝いをしていたのですが、それだけは頑張ろう!と心に決めておりました。
  • 助け合いができる、その環境に感謝をしながら

    家事の代わりと言っては難ですが、家業の方は一生懸命やらせていただきました。といっても、自然と忙しい仕事でしたから、体を動かしているうちに自然と終わる、そんな毎日でした。
    こちらかも何かアイデアがあればお話して、よりお店を良くしていこう!そんな毎日でした。

    そうしているうちに、もともと優しいお義母さんではありましたが、気遣ってお弁当を作ってくださったり、体を気にかけてくれるようにもなりました。
  • 築きあげた信頼関係が、妊婦生活も助けてくれる

    そんなふうにして、お互いに助け合いながら過ごした日々がありますから、妊婦さんになってもその関係は自然と続いていきました。より一層気にかけて下さり、いつもあったかクッズを買ってきてくれます♡
  • 家族は他人、されど家族

    いつも思うことです。
    他人だからこそ尊重もするし、家族だからこそ力を注いで大切にもできる。
    謙虚に誠実に、芯はしっかりと。それは人としての進歩でもあると思います。

    ほら、その姿勢はきっと赤ちゃんにも伝わって、なんだか未来を明るく照らしてくれると思いませんか?

みんなへメッセージやアドバイス

家事は助け合い!
核家族ですから、一家に女性がひとりしかいない今、助け合うパートナーは旦那さんです。

旦那さんが洗濯をしている間に自分は洗い物…など、自然な役割分担が、苦しくなく続く秘訣だと思います。

そして、お義母さんは家事の師です。色々なことを教えてもらいながら、自分でも学びながら、一人前になっていきましょうね。
0

妊娠13w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる