カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. お腹が張ったら横になろう!早産の予兆と自宅安静
出産

[36w]お腹が張ったら横になろう!早産の予兆と自宅安静 [妊娠・出産の体験談]

3067人に読まれました
2016-03-10 18:20
私は今自宅安静を命じられている妊娠9ヵ月の妊婦です。
早産の予兆。。それは、お腹の張りです!!!私は妊娠9ヵ月に突入した頃から家事やお散歩など動くと頻繁にお腹が張るようになりました。
お腹が張ると子宮伸縮がおこるそうで赤ちゃんも苦しいみたいです。
お腹が張るようになってからは、ウテメリンという子宮伸縮を抑える妊婦さん専用の張り止めの薬を処方され、1日3回服用しています。
  • 34W  自宅安静を命じられる。

    前回の検診のときにウテメリンを処方され、服用していたので、家事や買い物、お散歩など身体が疲れてしまわない程度に動いて生活していました。旦那とも夫婦2人の時間はあともう少ししかないから一緒にお散歩したり休日はおでかけしようねなんて話していた夜に、いつものように気分転換のお散歩をしていると、お腹の張りとともに生理痛のような鈍痛が定期的に起こり、次の日起きてからもそれが続いていたので、病院に電話したところ、もう34週なので陣痛かもしれないということで、病院にむかいました。
    結果、子宮口はまだ開いていなく、前駆陣痛なようなもので、でも、このまま張りが続いてしまうと子宮口が開いてきたら早く産まれて赤ちゃんだけ大きい病院にうつされてしまうようで、あと2週間はお腹の中にいれててあげてね。
    と先生から自宅安静を命じられてしまいました。。。
  • 先生の言う自宅安静とは!?

    自宅安静といえばお家のなかで普通に過ごす分にはいいのかな~と思いますが、先生の言う自宅安静とは布団の中で過ごしなさいという意味だそうです。
    私はじっとしてられないタイプで毎日の日課でもあり、気分転換だった散歩にいけないのは結構きつかったですが、お腹の赤ちゃんに1日でも長くお腹の中にいてもらうには、お腹を張らせないこと。

    2週間動きたくて、外の空気が吸いたくてウズウズしていたけれど、旦那や母親の協力もあり2週間赤ちゃんにお腹の中にいてもらうことができました。
    現在36週で、先生にはもう大丈夫といわれていますが、生産期となる37週まではなるべく無理をせず、お腹の張りには気をつけて、お腹のなかにいてくれたらなぁと思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんもお母さんも準備万端の状態で出産できたら1番だと思うので、お腹の張りは早産につながってしまうみたいなので、妊娠中は無理をせず、張ったら横になって安静に過ごすこと。ひとりで家事など無理をせず、回りの人に協力してもらうことが大切だと身をもって感じました。
3

妊娠36w前後の体験談

上へもどる