カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 辛かった吐きづわり中の食生活:つわり中でも大丈夫だった食べ物&飲み物
つわり(悪阻)

[8w]辛かった吐きづわり中の食生活:つわり中でも大丈夫だった食べ物&飲み物 [妊娠・出産の体験談]

14218人に読まれました
2016-02-05 15:38
妊娠初期から始まったつわりですが、思った以上に長く続きました。
当時は身を削りながら毎日を過ごしていたように思います。
  • なんとなく気持ち悪い

    なんとなくおかしいなと思ったのは、妊娠8週くらいからです。
    普段と同じ量を食べているのに食後ムカムカする、げっぷの回数が多い。
    この二つからつわりが始まりました。
    吐くことはなかったので、消化のいいものを食べるようにするくらいしかしませんでした。
  • ついに吐きづわりに

    日増しに食後の吐き気が強くなり、10週ぐらいから吐きづわりが始まりました。
    といっても他の方よりはましな方だとは思いますが。

    朝起きぬけや仕事中は大丈夫なのに、夕食後や寝る前になると我慢できず、トイレに直行していました。
    ほぼ毎日、夕食後に吐いていたと思います。
    食べても食べなくても、です。
    あまりにもムカムカするときは無理やり吐くこともありました。あとで助産師さんに怒られましたが。

    この時期から今まで大好きだった食べ物を受け付けなくなりました。
    毎日のように食べていたチョコレートは一切食べていません。
    またラーメン、そば、カレーは食べたら必ず吐いていたので避けるようにしました。

    食べることが大好きだったですが、吐き気が怖くて食に対する興味がなくなってしまいました。
  • つわり中でも大丈夫だったもの:炭酸

    お茶さえ飲みたくなくなったので、もっぱら炭酸を飲んでいました。
    加糖だとカロリーが高いので、基本は無糖の炭酸水です。
    甘いものが欲しい時のオススメは自家製レモネードです。
    炭酸水に蜂蜜とレモンを入れるだけなんですが、さっぱりして吐き気が和らぎました。
  • つわり中でも大丈夫だったもの:プチトマト

    生野菜も温野菜も食べたくなくて、唯一トマトだけは食べられました。
    ランチにはプチトマトとおにぎりを持って行っていました。
  • つわり中でも大丈夫だったもの:冷たいご飯

    炊きたてのご飯の匂いがダメになったので、ご飯が炊けなくなりました。
    コンビニのおにぎりを買ってきて、冷蔵庫で冷やしてから食べていましたね。
    止むを得ずご飯を炊くときは、電子レンジ圧力鍋を使いました。
    炊いている時のにおいは炊飯器よりましでした。
    こちらもおにぎりにして冷蔵庫に入れて冷やしていました。
  • つわり中でも大丈夫だったもの:梅干し

    とにかく酸っぱいものが欲しくなりました。
    おにぎりの中身に入れていました。
  • つわり中でも大丈夫だったもの:ヨーグルト

    毎日飲んでいた牛乳が飲めなくなったのですが、ヨーグルトは大丈夫でした。
    カロリーと値段はすこし高いですが、鉄分入りの飲むヨーグルトを毎日のむようにしていました。
  • つわり中でも大丈夫だったもの:柑橘類

    フルーツの中でも柑橘類を好んで食べていました。中でもみかんが食べたくて、近くのお店を探して買いだめしていました。


    好んで食べていたのはこれくらいです。
    つわり中は急に好みが変わることもあるので、一気にまとめ買いはしない方がいいかもしれません。
    ちなみに今は炭酸水が飲みたくなくなったので、我が家に大量に余っています。
  • 辛いときは家族頼み

    対策ではないかもしれませんが、辛いときは家族の協力が必要だと思います。

    普段は無関心な旦那さんですが妊娠してから意外と協力的で、毎日ご飯を買ってきてくれました。
    作ってはくれませんが、十分ありがたかったです。

    辛いときはお惣菜や外食ばかりでしたが、かなり楽に過ごせたと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

大体18週くらいまでつわりがひどかったので、こんな食生活が続いていました。
食べたいのに食べれない、匂いを嗅ぐと気持ち悪いで非常に辛かったですが、この辛さは今だけです。
食べれない状態でも赤ちゃんは無事育っているそうなので、食べれるものを食べて乗り越えましょう!
2

妊娠8w前後の体験談

上へもどる