カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 料理はできるだけ手作り!にこだわっていたら…
幼児食

[3歳]料理はできるだけ手作り!にこだわっていたら… [育児の体験談]

425人に読まれました
2015-11-05 04:22
子供が生まれてから始めた料理。
それまでは、ささみの筋を取るのも、肉に切り方があるのも
全く気にしたことがなかった‼笑

少しづつ、料理のコツもわかって、失敗しながらだけど、行事ごとのケーキも
毎回手作りして、子供の笑顔が見るのが
とっても楽しみでしかたなかった。
それで、5年経った今は…
  • 誕生日、クリスマスは手作りケーキ♪

    見栄えはあんまり良くないけど、
    次女の3歳の誕生日…
    「キティちゃんのケーキがいい!」
    って教えてくれたから作った
    チョコが大好きな娘のチョコ沢山のケーキ★
    すっごく喜んで、姉妹そろって踊ってたなー。
    見た目は悪くても、きっと、うれしかったんだと思う♪
  • 初めにぶつかった、離乳食の壁

    離乳食ってどんな感じだろう?

    母親教室で、10倍粥の作り方、野菜のペーストの作り方はやったけど、
    あとは何をあげればいいのー??
    すっごく迷いながら、本を買って、インターネットも大活躍♪

    だけど、今思えば、きっと野菜は固かったんだと思う。。。涙
    固かったり、苦みが出て美味しくなかったから、
    ”野菜嫌い” になった味に敏感な長女。


  • 5年経った今は…

    工作とか、お絵かきが好きな長女が今年のパパの誕生日に
    「自分で飾りつけする!!」
    と、ブルーベリーとロウソクで大好きな犬のケーキを作った♪
    ロウソクをまとめてさすってゆうのがとても独創的だった★

    その他にも、料理も積極的に、やりたい事はやってくれて、
    トッピングは好き★

みんなへメッセージやアドバイス

小さいころから、できるだけ手作りの料理にこだわると、健康面にいいだけではなく
生活の楽しみの一つにもなる事が、最近よくわかりました。

これからも、できるだけ手作りで子供と無理なく楽しみながら料理していきたいと思っています。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる