カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 乳首が短くてうまく授乳ができない!?
授乳

[0歳1ヶ月]乳首が短くてうまく授乳ができない!? [育児の体験談]

962人に読まれました
2015-11-05 16:26
妊娠中期のころに初乳を経験し、産後は3日目から順調に母乳がでるようになりました。
搾乳すると一度で50ml。これなら母乳育児ができるかなあと思っていたけれど現実はそう甘くはありませんでした。今回は産後直後からの母乳育児についてお話したいと思います。

出産1時間後から私の母乳育児がはじまりました。というのも、母乳の出はあかちゃんが吸う刺激が一番効くらしいのです。添い乳が最初の授乳となりましたが、息子は爆睡でうんとも動かず・・・結局吸ってもらえず舐める程度に終わりました。
その後横抱きで授乳の練習をするもなかなかうまくいきません。
あかちゃんは泣くばっかでなかなか吸ってくれない・・・。
病院の助産師さんに手伝ってもらうもダメでした。ちなみに息子は3500gと大きめのあかちゃん。ちょっとお口は小さめではありましたが・・・大きなあかちゃんにしては本当におっぱいを吸うのが下手で下手で。
産後2日目まではほぼ完全にミルクでした。と、ある助産師さんがこれを使ってみましょうと差し出してきたアイテムがあります。それが乳頭保護器でした。それでもはじめはなかなかうまく授乳ができませんでしたが、やっときちんと息子がすってくれるよう!!どうやら私の乳首が短くてあかちゃんはうまく吸うことができなかったようです。そして、産後3日目にして急におっぱいが張り、沢山母乳がでるようになったのです。
それからは授乳にはこの乳頭保護器というもの必須になりました。保護器をつかっても授乳時は激痛が走り、血がにじみ出て焦ることもありましたが・・・生後1週間経過したところでやっと痛みなく授乳が行えるようになり、徐々にミルクを使う量もへってきました。
 生後1ヶ月1週間後、あかちゃんはだいぶ大きくなり乳頭保護器がなくてもおっぱいを吸うことができるようになりました!!なかなか完全母乳とはいきませんが、母乳育児をメインにがんばっています!
 初産だと母乳がうまく出なかったり授乳がうまくできなかったりとはじめてだからより悩むことがあるんだと思いますが、がんばっていればきっとうまくいきます!母乳を早々に諦めず、根気よくあかちゃんにおっぱいを吸ってもらいましょう!もちろん、育児ノイローゼにならないように・・・自分が無理なく行える範囲でね!

みんなへメッセージやアドバイス

授乳は母乳の出以前に乳首の形でも悩むことがあるんだなあと今回はじめて出産して育児をはじめて知りました。授乳がうまくできず、自身の乳首が短いかなあとおもう方はぜひ!乳頭保護器をためしてみてください!保護器は乳首の長さを補ってくれ、さらに保護もしてくれる素晴らしいアイテムです!乳頭トラブルの方にもオススメです。あかちゃんのために適度にがんばって母乳育児をがんばっていきましょう!
1

上へもどる