カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 内祝いを選ぶ楽しみ
産後

[0歳0ヶ月]内祝いを選ぶ楽しみ [妊娠・出産の体験談]

489人に読まれました
2015-07-06 09:51
出産祝いは沢山もらいましたが、内祝いを送るのもとても楽しい行事の一つでした。
  • 内祝いは翌月までに

    母親から、内祝いは、三月掛けが良くないと言われているので、必ず、3ヶ月目になるまでに用意しなさいと言われていました。

    出産祝いは、親戚からはお金と友人からは物をもらいました。相場を調べてみると、三分の1くらいのものというのが多かったので、それくらいの金額を目安に選ぶことにしました。

    病院においてあった内祝いの本をもらってきて、選び始めました。
    親戚は、金額も大きかったので、お酒やお米にしようと思いました。友人や先輩などにはタオルやお菓子にしようと思っていました。
    名入れギフトというのがあって、子供の名前を入れることが出来たのでなるべくそういった商品をえらぶことにしました。

    そして、それぞれの商品に子供の写真と生年月日、生まれ体重を書いたポストカードを入れることが出来たので、作製しました。種類もたくさんあって、作るのは楽しかったです。

    近くにすんでいる人には直接届けたかったので、自分の家に配達にして、遠い人には郵送で送ることにしました。

    ただ、誤算だったのが、内祝いを頼んですぐに配達してもらえないということでした。中には、一ヶ月くらいかかるものもあってもっと早く頼めば良かったと思いました。

    でも、届いてから、親戚のいえに持って行くのはそれもまた楽しい時間になりました。子供を連れて、親戚周りをして、紹介も出来たので良かったです。

    内祝いのカタログはたくさんあって、カタログによって商品も結構違ったので、いくつかのカタログをみるのが良いなと思いました。

    内祝いは、三月掛けの前にを忘れないようにします。

みんなへメッセージやアドバイス

出産祝いのお返しはなれない育児のなかで大変ですが、相手のことを思うと、選ぶのも楽しかったです。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる