カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. おっぱいが出ないのは、つらいものです・・・
授乳

[0歳1ヶ月]おっぱいが出ないのは、つらいものです・・・ [育児の体験談]

1361人に読まれました
2015-11-15 19:15
私が出産した病院は母子同室だったため、産まれて少したつと病室に赤ちゃんを連れてきてくれて、それからは入院中ほぼずっと一緒に過ごすことになります。
それはもちろん母親になったのですから子供と一緒にいるのは当然のことで、しんどくてもつらくても、やはりそれがいいのだと思っていました。
しかし、母子同室の入院生活は想像以上に大変なものでした。
  • 不安だらけのお世話開始

    私は、我が子が生まれた瞬間も感動というよりは「やっと終わった・・・疲れた・・・」という感情のほうが大きかったくらいでした。
    その後、自分の病室に我が子を連れてきてもらっても、もちろんかわいいとは思いますがものすごい愛情みたいなものは湧きませんでした。
    それよりも、この子をちゃんと世話できるのだろうか・・・という不安のほうが大きかったです。
    でもそんなことはおかまいなしで、子供のお世話がどんどん始まります。
  • 超難関の授乳

    始めにつらかったのは「授乳」です。
    まずやり方から教わって、ぎこちない手でなんとかおっぱいを吸わせてみるものの、ちゃんと飲んでるか全くわからず・・・。
    飲ませる前と後とで体重を量って何グラム飲んだか計測するのですが、その結果が1グラム・・・
    ガーン!全然飲んでないやん。
    これは、おっぱいが出ていないのかまだ赤ちゃんの飲む力が弱いのか・・・
    助産師さんに、もうちょっとがんばってみて~と言われ、普通なら15分くらいの授乳を30分がんばってみたり。それでも何度やっても赤ちゃんの体重はほぼ増えませんでした。
    「これはおっぱい出てないね。」ととうとう言われてしまい、がっくりしました。
    私は胸も小さかったので、もしやとは思っていましたがやっぱりでした。
    そこで、おっぱいマッサージをすることになりました。
    どんなものかも全く知らず、マッサージが始まりました。
    とにかくイタイ!!!ものすごくイタイのです。
    思わず声が出てしまうくらい痛かったです。
    しかし、それになんとか耐えていざおっぱいをあげてみると・・・
    5グラム飲んでる~!!
    私にとっては大進歩でした。おっぱいマッサージってすごい!!
    それからは少しずつ出るようになり、退院のころには人並みには出るようになっていました。
    おっぱいが出ると子供も飲んで寝てくれるので、ずいぶん楽になりました。
    本当に感謝です。

みんなへメッセージやアドバイス

おっぱいが出ないと自分も子供もつらいものです。
でも、子供も飲む力がだんだんとついてくるもので、なんとか吸おうと一生懸命だったんだと思います。
おっぱいが出ることは本当にありがたいことだと思いました。
2

上へもどる