カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 男性側に小さな原因
妊活

男性側に小さな原因 [妊娠・出産の体験談]

547人に読まれました
2015-07-12 07:37
不妊検査をすると、思わぬ原因が出てきました。精神的にもどうしたらいいのかわからなくなりました。
  • 男性側に何かあったら

    不妊検査はまず、私から始めました。色々検査して、でも、これといった原因が分かりませんでした。このままだと、いつまで排卵誘発剤を使用した方法を取っていくのだろうと思っていました。

    不妊治療の先生から一度、旦那さんとも話しをしたいと言われたので、主人を連れて病院に行きました。すると、先生から簡単な男性側の検査があるので、2個やってみないかと言われました。
    まずは、フーナーテストでした。朝性行為をしてきて、私を確認して、きちんと精子が動いているか確認するものでした。結果、きちんと動いていました。大丈夫と思ったので、そのままタイミング法をするつもりだったのですが、先生から念のため、精子の検査をしておこうと言われました。

    主人はすごく嫌そうでしたが、でも、子供が欲しいと思っていたので、検査してもらおうと思いました。朝に精子を出してもらって、温めたまま、私が病院に持っていきました。
    検査結果は、少し時間がかかるということでしたが、その日待っていれば見れると言われたので、待っていました。病院の近くで時間をつぶして、病院に戻りました。

    検査結果は、精子の数は問題ないのですが、しかし、運動率というものが悪いということでした。運動率が低く、着床する力が弱いということでした。主人に言うのは嫌だったのですが、報告するととても落ち込んでいました。正直ショックでした。

    でも、主人も子供が欲しいという気持ちを強く持っていたので、食べ物などを工夫するということで納得してもらいました。結果的には、その後、普通に妊娠することが出来ました。よかったのですが、その時の主人の顔は忘れることは出来ません。
    やっぱり、検査は二人ですべきですね。

みんなへメッセージやアドバイス

不妊検査は一人でするよりも、二人でして一緒に進んでいくことがいいと思います。でも、男性側に非があると女性よりも傷つくかもしれません。
1

上へもどる