カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 家事は分担して体を負担を少なくしよう
妊娠中の生活

[20w]家事は分担して体を負担を少なくしよう [妊娠・出産の体験談]

1733人に読まれました
2015-11-25 23:47
切迫流産になったり、つわりを始め妊娠してから調子が悪い日が続き、なかなか思う様に家事ができなくなりました。

そんな様子をみて今まで家事にはあまり積極的ではなかった主人も手伝ってくれる様になったり、すこしやり方を変えたところもあるので、我が家の例を挙げてみたいと思います。
  • 掃除機、布団干しはお願いしました

    これは切迫流産の影響ですが重いものを持つなと言われたので、旦那さんに依頼しました。
    掃除機やお布団って意外と重いのでお腹が張るんです。

    週末にお願いして、平日はクイックルワイパーなどで簡単にお掃除をしています。
  • 料理は無理せずに!

    つわりのときは特になんですが、調理の匂いがつらくてご飯が作れませんでした。
    また自宅安静中は調理もできません。
    そんなときは旦那さんにコンビニでご飯を買ってきてもらったり、ご飯を炊くくらいのことをお願いしました。

    今は安静ではなくなったのですがあまり無理はできないので、常備菜をつくっておかずの品数を増やす様にしています。
    また野菜は買ったらカットしたり茹でたりして調理の手間を省く様にしたら楽でした。
  • ネットスーパーが便利

    お買い物にでるのがしんどいときや、トイレットペーパーやお米など大きなものを買うのはとても大変でした。
    なのでネットスーパーや通販を活用しました。

    生鮮食品はその日に届くスーパー、日用雑貨はネット通販でポイントが貯まったり安いところを選ぶ様にしています。
    臨月になっても活用できそうです。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠中は体が辛いので、旦那さんに協力してもらったり、サービスを活用してすこしでも無理せずに過ごした方がいいと思います。
すこし手を抜くのも今だけと思って、産後にがむしゃらに頑張る予定です。
0

妊娠20w前後の体験談

上へもどる