カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 無痛分娩体験談
出産

[37w]無痛分娩体験談 [妊娠・出産の体験談]

3811人に読まれました
2015-11-07 00:20
こんにちは、ちのままです。
今回は私が体験した無痛分娩のお話です(^^♪

私が無痛分娩を選んだ大まかな理由は

①家の近くに無痛分娩の有名な病院があった
②痛いのがとにかく苦手で初産だし不安

の2つです。
また、私の母も無痛分娩で私を産んでいるので、
勧められたりもしていました。

出産当日の流れ的には

着替え→NSTモニター→硬膜外麻酔のチューブをさして麻酔開始→陣痛促進剤→子宮口が全開になったら分娩室へ

という感じでした。
ただ、私は切迫早産ですでに子宮口4㎝開いていたのでバルーン挿入はありませんでした。

硬膜外麻酔のチューブは背骨のところにさすのですが、
そのときに海老のように背中を丸くした状態でさしました。
チューブをさすときに皮膚の表面に麻酔もしたので
痛みはなく、背中をグッグッと押される感じがして、終わりました。

私は今回の出産でこのチューブを入れるのが一番怖かったので、
痛みがほとんどなくほっとしたのを覚えています。

その後続けて促進剤が投入されて陣痛が始まると
お腹が張るのはわかるけど、痛みはありませんでした。

主人もその場にいましたが、わたしがあまりにもピンピンしていたので、
ずっと部屋の中にあるテレビで野球を見ていました。
私はというと、友達とラインで出産実況中継をしていました。
なので結構和やかに予備室では過ごせました。
ドラマやテレビのドキュメントで見るような壮絶な感じでは全くなかったです!

私たちがそんなことしている間にも、
麻酔を入れている状態なので、
看護師さんが血圧をこまめにチェックしていました。

そんなこんなで、促進剤をいれてから6時間半後、、
ついに子宮口全開となりました!!

分娩室へはストレッチャーで運ばれます。
いざ、分娩台へ上がろうとしたそのとき!!
吐き気が襲います!!
気持ち悪くて袋用意してもらいいつでも吐けるようにしてもらってました。

分娩台でしばらくじっとしていると気持ち悪さはなくなり、
助産師さんの掛け声に合わせていきみます。
10分後くらいして先生が登場。
そのまま掛け声にあわせていきむことさらに10分…
ついに赤ちゃんが出てきそうというところで、
助産師さんがお腹を押されてびっくりしましたが、、
そのあとすぐに赤ちゃんが出てきました!!

オギャーーーーっと大きな声が聞こえてきて、
まず最初に嬉しい、よりも無事に生まれてきてくれてほっとした
という思いの方が強かったのを覚えています。

〈出産を終えて〉
無痛分娩を選んでお産を楽しめました。
分娩台でいきむのも体力勝負なので、陣痛で消耗しなかった分、
いきむのも思い切りできました。
切迫早産でずっと寝たきりで体力がなかった私にはよかったです。


みんなへメッセージやアドバイス

陣痛や痛みに不安な方は無痛分娩を検討してみてもいいと思います。
私はやってよかったな、と思いました!
1

妊娠37w前後の体験談

上へもどる