カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後1ヶ月 >
  4. 初めての赤ちゃんとの生活〜沐浴、夜中のミルク〜
生後1ヶ月

[0歳1ヶ月]初めての赤ちゃんとの生活〜沐浴、夜中のミルク〜 [育児の体験談]

372人に読まれました
2015-11-09 23:14
娘を出産したのは、9月中旬。

私は帝王切開だったので、産後2週間を産院で過ごしました。

里帰り先の実家に戻ったのは9月末。
九州地方ではまだ夏の終わりという感じで、少し朝晩が冷えるかな〜程度の気温でした。
  • 沐浴はお昼?どこで行う?

    赤ちゃんと実家に戻って、まず考えたのは沐浴についてです。
    母と相談したところ、夕方や夜の沐浴は止めようという結論になりました。
    まだそんなに寒くないとは言え、湯冷めが心配なこと。
    また、夕方はご飯の準備などでバタバタするかもしれないから、という理由です。

    そしてどこで沐浴するか、これも悩みました。
    選択肢は3つ。お風呂場の洗い場、台所、洗面所。
    出産前はレンタルのベビーバスをお風呂場に設置しようかと思ったのですが、場所を取るのでやめました。
    台所用のベビーバスレンタルも考えましたが、姉が洗面所で十分なんじゃない?と言うので、とりあえずレンタルはやめて洗面所ですることに。

    毎日洗面所をピカピカに掃除して、お湯を溜めて沐浴させました。
    掃除もしやすいし、お湯も溜めやすいのですが、ひとつ欠点を挙げるとすれば「お湯が冷めやすい」ことです。
    湯量が少ないので仕方ないのですが、テキパキしないとぬるくなります。熱めのお湯を洗面器に入れておいて、足し湯することが必須だと思います。

    1ヶ月だけのことなので、我が家はこの方法で乗り切れましたが、冬生まれだと寒くて難しいと思います。
    でも、とても楽な方法なので季節が合えばオススメです。
    ちなみに下の子は冬生まれだったので台所でベビーバスでしたが、お湯溜めに時間もかかるしちょっと体勢がキツくてやりにくかったです。
  • 夜のミルクはどう作る?

    私と赤ちゃんの部屋として用意してもらったのは、キッチンから離れた寝室でした。

    私は母乳とミルクの混合だったので、授乳の度にミルクを作らなければなりません。
    でもキッチンまで行くのは遠いし、両親を起こしてしまうかもしれないという懸念もありました。

    そこで哺乳瓶3本、粉ミルク、お湯を入れたポットを用意して毎晩寝室に持っていくことにしました。
    私はレンタル体重計を借りていたので、オッパイをあげる前後に計測し、足りない分のミルクを作る手順。

    オッパイをあげて、赤ちゃんを寝かせ、ミルクを作って、隣の洗面所で冷やし、再び赤ちゃんを抱っこしてミルクを飲ませる。
    哺乳瓶を洗面所で軽く洗い、赤ちゃんを抱っこで寝かし付ける。

    今考えると、ずいぶん面倒なことをしていたと思います。
    最初にある程度の量のミルクを作って、オッパイをあげて、ミルクの温度を確認し冷ますか温めるかして飲ませる。量が多そうなら捨ててから飲ませる。
    これだけでも負担が軽くなったんだろうな〜と。

    結局、夜のミルクが大変過ぎて、実家から自宅に戻ってからは夜のミルクはやめてオッパイだけにしたくらい、しんどかったです。
    初めての育児で、「ちゃんとミルクの量を計りたい、お昼と同じように飲ませたい」とこだわり過ぎた結果だと思います。

    母はあまりうるさくは言わなかったですが、「こうしたら良いのに」という助言は何度かありました。
    でも当時の私は受け入れることが出来ませんでした。余裕がなかったのでしょうね。

みんなへメッセージやアドバイス

実家にいるときは、赤ちゃんのお世話全般と洗濯だけを担当していました。
食事の支度は母任せでしたし、自分がお風呂に入るときや、ちょっとしたときに赤ちゃんを預けたりできるのは本当に有り難かったです。
育児に関する考え方の違いからちょっと窮屈な思いはしますが、実家に帰って良かったなぁと痛感しました。
そして今から思えば、母の言っているやり方もアリだと感じます。
何をするにも悩みながら全力投球の育児スタート期。
色んな体験談を参考にして、ママにとって気楽な育児ができたら良いですね!
1

上へもどる