カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 吐き悪阻。こんなにつらい妊婦生活がまっているとは
つわり(悪阻)

[8w]吐き悪阻。こんなにつらい妊婦生活がまっているとは [妊娠・出産の体験談]

16703人に読まれました
2016-03-15 12:56
6wで妊娠発覚☆嬉しくて嬉しくてキラキラ光る妊婦生活を想像していました。
  • つわりが始まった?!

    妊娠を機に知った悪阻という言葉。私はたぶん大丈夫だろうと軽く考えれていたのもほんの数日でした(笑)
    発覚から10日過ぎた頃、なんだか朝から体が怠く気分が悪い。まるで飲みすぎた次の日のような体調でした。
    まだ悪阻というものにピンとこなく、なんでだろう?風邪でもひいたかな?と思っていたなか、友達から「悪阻がはじっまったのでは?」と言われてやっと気づきました。
    最初は怠いのも気分が悪いのも軽かったのですが、日がたつにつれ段々酷く。。
  • 吐きつわりでマイナス5kg

    私は吐き悪阻だったので、食べたら吐くの繰り返しでした。食べ物を見るのも嫌で健診の時に糖の検査をする炭酸の水?もリバース。おかげで体重も5kg落ち、毎日ぐったりの日々を送っていました。今思えば病院で点滴を打ってもらうべきだったのかな?(笑)

    輝いてみえた妊婦生活だったはずが、どうしてこんなにキツイのだろうと毎日マイナスな思考ばかりでした。
    でもお腹の中では元気に成長している赤ちゃん。それを思うだけで心身ともに励まされました。
    あ、ですが唯一食べれたものもあります。それはポテフライ!なぜかあれだけパクパク吐くことなく食べれました!
  • つわりが終わり今度は頭痛

    そんな日々が2ヶ月程続き、安定期に近づくにつれ治まりました。
    胎動も感じだし、のんびりと過ごす毎日。あとは出産に向かうだけ!と心構えしていると、後期にはいり毎日激しい頭痛に襲われました。
    強い薬も飲めず病院でもらった弱い薬で気休めする程度。吐くより辛かったような。

    そんな辛かった悪阻も、子どもが生まれた今となってはもう忘れました!笑

みんなへメッセージやアドバイス

悪阻には必ず終わりがきます!今だけ、頑張れば可愛い我が子に会えると思って頑張って乗り越えてください(^^)何も食べれないときはぜひポテトフライを口にしてみては!笑
1

妊娠8w前後の体験談

上へもどる