カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 乳腺炎(`・ω・´)ノ気を付けて!!
授乳

[0歳2ヶ月]乳腺炎(`・ω・´)ノ気を付けて!! [育児の体験談]

3734人に読まれました
2016-12-06 14:23
実際になった事はないんですが…

先日、4時間ほど授乳出来ないときがありました(╥ω╥`)
すると、あたしのオッパイ…ガチガチで。。

本当に痛かった。゚(゚´Д`゚)゚。
あんなに石のようになったの初めてで
次の日、母に話すと「乳腺炎」にならないようにお風呂つかってマッサージしなさい!と言われました。。

「乳腺炎」??
名前は聞くけどどんなのか分からない…

なので少ししらべました!!
  • 乳腺炎の原因は??

    乳腺炎の種類は2種類あるようで

    ~急性うっ滞乳腺炎~
    ● 脂肪分が多く、高カロリーな食事
    ● きついブラジャーや姿勢の悪さなどによる胸部圧迫
    ● 赤ちゃんの母乳の飲み方が偏っていて、バランスが悪い
    ● 授乳間隔にばらつきが大きかったり、母乳の飲み残しがあったりする


    ~急性化膿性乳腺炎~
    生後1カ月以降の乳児に授乳中の母親に発症しやすい。
    授乳の際に乳歯により母親の乳首に細かな傷が生じ、そこから乳児の口腔内の細菌が感染するのです。
    細菌は乳管、あるいは授乳期で浮腫(ふしゅ)状になった乳腺組織を通じて広がり、難治性の炎症を起こします。
  • 乳腺炎の症状は??

    ~急性うっ滞乳腺炎~
    ・乳房が大きく腫れる
    ・乳房の皮膚の静脈が拡張して血管が目立つようになる
    ・乳房が張った感じを覚え場合によっては疼痛を感じる

    更には、乳頭から乳汁が漏れ出る症状が出る場合もあります。人によっては軽い発熱がみられる場合もあります。
    ほっておくと化膿性乳腺炎になる事もある。

    ~急性化膿性乳腺炎~
    ・38度以上の高熱が出て悪寒や震えを伴う
    ・乳房が赤くなり大きく腫れる
    ・乳房の内側に激しい痛みを感じる
    ・乳房にしこりができる
    ・皮膚が暗紫色になる
  • 主な治療法は??

    ~急性うっ滞乳腺炎~
    急性うっ滞性乳腺炎の予防策としては、乳児に可能な限り母乳を飲んでもらうために積極的に授乳することが大切!
    乳児の吸飲量を上回る母乳量である場合は、搾乳機などを使用しましょう!
    また、乳頭を常に清潔にすることにより細菌の感染を予防することも重要です。
    食生活などにも気を使う必要があり、血液をサラサラに保つために、脂っこいものなどは極力摂取しないように心がけるのが重要!!和食や野菜中心のヘルシーな食事をとるようしましょう!


    ~急性化膿性乳腺炎~
    予防としてはまず乳頭と乳輪を清潔に保つことが大切です。乳頭に亀裂がある場合には乳児が口にしても影響のない抗菌薬入りの軟膏を塗りましょう!

    出産後から乳汁が溜まらないように授乳の後搾乳器かマッサージを行い、乳汁を残らずに出すことがよいとされています。
    乳腺炎になりかけの「うつ乳」になった場合は、乳房を冷湿布などで冷やすことで消炎効果と必要以上の乳汁の分泌を抑制することができます。
    乳汁が乳房内に溜まったままにならないよう乳房をマッサージし乳管を開くことも効果的です。

みんなへメッセージやアドバイス

甘くみてるといけないですね。。
マッサージなどで溜まらないようにしてしっかりケアしておきましょう♪
1

上へもどる