カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠中は食べ物の好みが恐ろしく変わる
妊娠中の生活

[18w]妊娠中は食べ物の好みが恐ろしく変わる [妊娠・出産の体験談]

2008人に読まれました
2015-11-08 08:40
つわりの症状が出てきたころ。
食べ物はいつも通りに口にすることが出来ていました。

それから毎日つわりがあり、私の場合は夜ご飯を食べると吐く。それが1日も欠かすことなく毎日1ヶ月半続きました。

そのころは、とにかく甘いものがだめ。
生クリームを想像しただけでも、うえっ。
駅に行くと甘い焼きたてのお菓子などが販売されていますがその匂いを嗅いだら、うえっ。
和菓子の甘さもだめでした。

妊娠初期は塩辛いもの、ポテチ、柿の種、とにかく塩!塩!塩!
自分でもびっくりするくらい塩を欲していました。


そして、つわりがだんだん治まり 少しずつ甘いものも口に出来るようになってきました。

ちょうど安定期に入った頃です。


安定期に入ると食欲旺盛になると聞いていましたが私の場合は量をたくさん取るとその後 胃が圧迫されたようになり、かなり苦しくなるので食欲はあっても食べる量が妊娠前より少なくなってきています。


食べる量は少ないのですが、
今まで全然受付なかった甘いものが食べたくなりました。
今は無性にチョコが食べたくて食べたくて仕方ありません。

調べてみると今の私の時期は胎盤が糖分を優先的に赤ちゃんに送るようになるので、赤ちゃんは糖分をエネルギー源にするみたいです。

ほほー。


なんだか納得できます。だから糖分が食べたくなるのかな。


でもお菓子で補うより、果物の糖分で摂取したほうが身体のために良さそうなので、出来るだけ果物を積極的に取るようにしています。

でも我慢ばかりではストレスなので、チョコのファミリーパックサイズを買ってきてもらっています(^^)

目の前にチョコがないと余計チョコが欲しくなりますが、たくさんのチョコを目にすることでいつでも食べることが出来るという安心感からかチョコを食べたい欲求も多少は治まっているような気がします。


妊娠中に食べ物の好みがこんなに変わるなんて不思議です(^^)。


0

妊娠18w前後の体験談

上へもどる