カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. ベビーベッドから添い寝への移行
睡眠(ねんね)

[0歳5ヶ月]ベビーベッドから添い寝への移行 [育児の体験談]

1069人に読まれました
2015-11-08 23:02

うちは新生児の頃はベビーベッドに子供を寝かせていました。ベビーベッドを大人のベッドにくっつけ、常時柵を下さないで使用していました。たまに、スキンシップをしたりおむつ替えをしたりするときは大人のベッドに転がしていることはありましたが、安全なのもあり、ほとんどベビーベッドに寝かせていましたね。

それが変わったのがつかまり立ちが始まったころ。経つと胸のあたりに柵が来る感じで、頭の重い赤ちゃん体型だと、乗り出すと落っこちそうに見えるんですよね。実際に危ないくらい乗り出すことはなかったのですが、つかまり立ちを始めたときからベビーベッドは部屋の角に置き、空いている辺を三段ボックスなどで囲って、乗り出せないように対策をしました。

そして1歳を過ぎるころになると、なかなかベビーベッドに居つかないようになりました。うちでは寝る前に絵本を読んであげていたのですが、大人のベッドに添い寝をした状態で読み聞かせをしていたので、そのままの体勢で寝るほうがうまく寝られるようだと気付きました。なので1歳ころでベビーベッドは卒業。しばらくは小さいお部屋感覚でおもちゃやぬいぐるみ置き場になっていましたが、第二子を妊娠したため1歳半頃に一度撤去しました。

上の子が大人のベッドで寝ることが普通になった2歳のころ、第二子が産まれました。最初は夜泣きなどで起こさないようにと子供たち二人を別々の部屋に寝かせました。私が第二子と寝るようになり、主人と上の子がベッドで寝ていました。
そのうち、上の子の眠りが深くなり、どんなに下の子が泣いても起きないことが分かったので、5ヶ月ころから全員で大人のベッド+シングルベッドをつなげたベッド版川の字で寝るようになり、今に至ります。
2

睡眠(ねんね)の人気体験談ランキング

上へもどる